このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年9月20日安全の取り組みに関する情報

国内の鉄道業界で初めて電柱を直接つかむ技術を採用した
電柱建替車「電柱ハンドリング車」を導入します

西日本旅客鉄道株式会社
西日本電気システム株式会社

 JR西日本グループである西日本電気システム株式会社は、株式会社タダノと共同で開発した、新たな電柱建替車「電柱ハンドリング車」を導入します。
 この「電柱ハンドリング車」には、電柱を直接つかむ「ハンドリング技術」を国内の鉄道業界の電柱建替車で初めて採用しています。
 電柱をつり上げる工法から直接つかむ工法への変更により安全性の向上、作業の省力化を図ります。

詳細

1 電柱ハンドリング車の概要
(1)全長
 8,350ミリメートル

(2)全幅
 2,480ミリメートル

(3)全高
 3,220ミリメートル

(4)車両重量
 19.6トン

(5)共同開発
 株式会社タダノ
 西日本電気システム株式会社

(6)使用方法
 踏切からレールに乗り作業箇所までレール上を自走移動し、電柱建替作業を行う

電柱ハンドリング車の写真


2 導入効果(安全性向上、省力化)
 これまでクレーンでつり上げていた電柱を、短いアームで直接つかむことができるため、
(1)「吊り金具の取り外し・取り付け」という高所作業が不要になる
(2)ほかの設備との接触範囲が狭くなり、電線の移設が不要になる
(3)横揺れがなくなり、誘導のための補助者が不要になる

ハンドリング車の技術


3 今後の計画
 ・2017年10月より、訓練設備にて作業員の教育訓練を開始
 ・教育訓練の完了後、在来線の電柱建替作業に使用予定

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ