このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年8月18日ご報告

木次線、ホームの無い場所でのドア扱いの誤りについて

 2017年8月18日、木次線、出雲坂根(いずもさかね)〜三井野原(みいのはら)駅間においてホームの無い場所で運転士が誤ってドアを開きました。ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
2017年8月18日(金曜日) 午後3時26分ごろ

2 場所
 木次線、出雲坂根(いずもさかね)〜三井野原(みいのはら)駅間

3 列車
 普通ワンマン列車 1両編成
 備後落合駅(14時41分)発、宍道駅(17時36分)着
 乗客数:約15名

4 概況
 8月18日午後3時26分ごろ、上記列車運転士は、スイッチバックの停止位置に停車しました。その際、機器の操作を誤り、ホームのない場所で一時的にドアが開いた状態となりました。その後、運転士は直ちにお客様が転落されていないことを確認し、ドアを閉めました。
 ※注釈:列車にご乗車のお客様におけがなどはありませんでした。
 ※注釈:スイッチバックとは急勾配のため直線的に運転できない箇所で、列車をジグザグに運転を行うことです。

線路図


5 列車影響
 なし

6 原因
 運転士が機器の取り扱いを誤ったためです。

7 対策
 社員への指導を徹底し、各運転職場に早急に注意喚起を行い再発防止に努めます。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ