このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年2月 8日安全の取り組みに関する情報

長門三隅~長門市駅間異常時合同訓練を実施しました

広島支社長門鉄道部では、安全考動計画2017に基づき「安全を最優先する企業風土の構築」に取り組んでいます。その一環として、列車事故発生時の、お客様救済・救護活動や警察・消防との連携強化、JR内の初動活動、救助される方々の安全の確保および情報連絡の円滑化を目的に訓練を実施しました。

詳細

1 実施日時
平成29年2月8日(水曜日) 9時30分から11時まで

2 実施場所
長門三隅から長門市駅間中山第1踏切付近

3 想定
一般の方から、中山第1踏切付近で線路内に土砂が流入している旨の連絡を受け、指令に緊急停止手配を依頼する。長門三隅駅行きの上り列車は指令からの緊急停止手配により、直ちに非常ブレーキを使用するもおよばず線路内の土砂に衝撃。列車内の乗客に負傷者が発生したため、消防および警察への出動を要請。その後、床下より白煙が発生し列車内に煙が充満してきたため、お客様を車外へ避難誘導する。
※注釈夜間を想定しての訓練

訓練の様子 訓練の様子

訓練の様子 訓練の様子

訓練の様子

4 参加者
警察
消防
長門市役所
病院(DMAT)
JR西日本社員(グループ会社含む)
総計:約100名

※注釈その他の訓練についてはこちらをご覧ください。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ