このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2017年2月 3日きっぷ

「IC連絡定期券」の発売拡大について 〜3月18日から発売開始〜

 西日本旅客鉄道株式会社(以下、「JR西日本」)では、お客様の利便性向上を図るため、IC連絡定期券サービスを拡大します。本年3月18日から、京阪電気鉄道株式会社 大津線(以下、「京阪電車 大津線」)、阪急電鉄株式会社(以下、「阪急電鉄」)、神戸電鉄株式会社(以下、「神戸電鉄」)、山陽電気鉄道株式会社(以下、「山陽電車」)とのIC連絡定期券を「ICOCA」にて発売開始することといたしましたので、以下のとおりお知らせいたします。

詳細

1 発売開始日
 平成29年3月18日(土曜日)

2 発売範囲
 ・京阪電車 大津線については、こちらをご覧ください。(PDF形式 248キロバイト)
 ・阪急電鉄については、こちらをご覧ください。(PDF形式 220キロバイト)
 ・神戸電鉄については、こちらをご覧ください。(PDF形式 237キロバイト)
 ・山陽電車については、こちらをご覧ください。(PDF形式 240キロバイト)

3 対象カード
 「ICOCA」および「SMART ICOCA」
 ※注釈 記念ICOCA(印字できないカード)は除きます。

4 発売券種
 「通勤定期乗車券」および「通学定期乗車券」
 ※注釈 障がい者割引定期券は除きます。

5 通用期間
 1カ月、3カ月、6カ月

6 適用運賃
 連絡定期を発売する両社の定期旅客運賃を適用(現在磁気券で発売している連絡定期運賃と同額)

7 発売箇所
 JR西日本のICOCAエリアの駅の「みどりの窓口」(一部を除く)および一部の「みどりの券売機」、ならびにピンク色の自動券売機

8 他社における発売
 IC連絡定期券は、JR西日本のほか、京阪電車 大津線、阪急電鉄、神戸電鉄、山陽電車でも発売いたします。各社での発売開始日、対象カードは以下のとおりです。

発売について

※注釈 発売一覧につきましては、こちらをご覧ください。(PDF形式 187キロバイト)

9 その他
 ・京阪電車については、既に発売中の京阪線に加え、大津線とのIC連絡定期券を発売します。また、あわせて京阪電車 大津線との接続駅を拡大し、現在の山科駅(京阪山科駅)、石山駅(京阪石山駅)に加え、新たに膳所駅(京阪膳所駅)、大津京駅(皇子山駅)を接続駅とする連絡定期(磁気・ICとも)を発売開始します。
 ・IC連絡定期券発売開始日以前に発売した磁気連絡定期券を、IC連絡定期券へ変更することも可能です。
 ・定期券の区間・経路・券種によっては、購入・変更ができない場合があります。
 ・クレジットカードで購入された磁気連絡定期券は、発売会社においてのみIC連絡定期券に変更できます。

 ※注釈 「ICOCA」は、JR西日本の登録商標です。
 ※注釈 「PiTaPa」は、株式会社スルッとKANSAIの登録商標です。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ