このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年9月 2日きっぷ

「秋の乗り放題パス」、「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」の発売について

JRグループ

 JRグループでは、10月14日の「鉄道の日」にあわせて、普通列車の旅を満喫していただくため、平成28年度も「秋の乗り放題パス」を発売します。また、本州と北海道とのご旅行をお楽しみいただける「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」をあわせて発売します。

詳細

<「秋の乗り放題パス」について>
日本全国の旅客会社鉄道線(JR線)の普通・快速列車の普通車自由席およびBRT(バス高速輸送システム)ならびにJR西日本宮島フェリーが連続する3日自由に乗り降りできるきっぷです。

1 発売期間
平成28年 9月17日(土曜日)から平成28年10月21日(金曜日)まで

2 ご利用期間
平成28年10月8日(土曜日)から平成28年10月23日(日曜日)のうち連続する3日

3 おねだん
おとな 7,710円こども 3,850円

4 発売箇所
全国のJRの主な駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社

5 ご利用方法
「秋の乗り放題パス」1枚をお一人で、連続する3日ご利用いただけます(「秋の乗り放題パス」1枚を複数人でご利用いただくことや、おとな用の「秋の乗り放題パス」1枚をこども2人でご利用いただくことはできません)。

6 きっぷの内容
(1)全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席およびBRT(バス高速輸送システム)ならびにJR西日本宮島フェリーが乗り降り自由です。
(2)JR線(BRT含む)およびJR西日本宮島フェリー以外の路線は、ご利用になれません(道南いさりび鉄道線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線、しなの鉄道線、えちごトキめき鉄道線、あいの風とやま鉄道線、IRいしかわ鉄道線、伊勢鉄道線、京都丹後鉄道線、智頭急行線、土佐くろしお鉄道線および肥薩おれんじ鉄道線など、JR線と直通運転をしている路線ならびにJRバスもご利用になれません)。別途、ご利用になる区間に有効な乗車券類が必要です。

※注釈青い森鉄道線青森~八戸駅間、青森~野辺地駅間および八戸~野辺地駅間については、普通・快速列車の普通車自由席に乗車して通過利用する場合に限り、ご利用になれます。以上の区間で下車した場合、別に全乗車区間の運賃が必要になります。ただし、青森駅、野辺地駅、八戸駅に限り下車することができます。
※注釈あいの風とやま鉄道線高岡~富山駅間については、普通列車の普通車自由席に乗車してJR線へ通過利用する場合に限り、ご利用になれます(高岡駅、富山駅に限り途中下車できますが、その他の駅では下車できません)。高岡~富山駅間以外の区間を乗車した場合(区間内での下車、区間を越えて乗車など)は、別に全乗車区間の運賃が必要です。
※注釈 IRいしかわ鉄道線金沢~津幡駅間については、普通列車の普通車自由席に乗車してJR線へ通過利用する場合に限り、ご利用になれます(金沢駅、津幡駅に限り途中下車できますが、その他の駅では下車できません)。金沢~津幡駅間以外の区間を乗車した場合(区間内での下車、区間を越えて乗車など)は、別に全乗車区間の運賃が必要です。

(3)特急(新幹線を含む)・急行列車・グリーン車などに乗車する場合は特急券・急行券・グリーン券などのほか、別に乗車券が必要です。ただし、普通・快速列車のグリーン車自由席に限り、グリーン券を別にお求めいただければご乗車になれます。
(4)奥羽本線新青森~青森駅間および石勝線新得~新夕張駅間は、特例として当該区間内相互発着の場合に限り、「秋の乗り放題パス」のみで特急・急行列車の普通車自由席にご乗車になれます。ただし、特例区間外にまたがって同一列車でご利用になる場合は、当該特急・急行列車乗車全区間の乗車券および特急券または急行券が必要です。また、宮崎空港線宮崎~宮崎空港駅間に限り、特急列車の普通車自由席にご乗車になれます。

※注釈新青森~青森駅間相互発着に限り全車指定席の普通・快速列車の普通車の空いている席も利用できます。

(5)普通、快速列車の普通車指定席をご利用になる場合は別に座席指定券が、「ホームライナー」などのライナー列車をご利用になる場合は別に乗車整理券またはライナー券が必要です。なお、「中央ライナー」、「青梅ライナー」、快速「マリンライナー」などのグリーン車指定席をご利用の場合は、乗車券およびグリーン券が必要となります(「中央ライナー」、「青梅ライナー」のグリーン券はホーム上のライナー券売機でお求めください)。
(6)有効期間は使用開始日から3日間です(例:10月14日から10月16日まで有効です)。
(7)有効期間の最終日の乗車が翌日にまたがる場合は、乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効です。ただし、東京・大阪の電車特定区間内については、終電列車までご利用になれます。

※注釈電車特定区間の詳細については、「JR時刻表」にてご確認ください。

(8)各種割引による割引はいたしません。
(9)列車の運休や遅れによる払い戻しはいたしません。払い戻しは未使用かつ有効期間内に限ります(手数料が必要です)。
(10)きっぷを紛失された場合、あらためてきっぷをお買い求めいただきます。なくしたきっぷが発見された場合でも、きっぷの払い戻しはいたしません。

7 特典
「秋の乗り放題パス」ご利用日にJRホテルグループの加盟ホテルに宿泊の場合、宿泊料金の割引などの特典が受けられます(一部を除く)。お客様ご自身で下記連絡先にあらかじめお申し込みの上、チェックイン時に「秋の乗り放題パス」をご提示ください。
連絡先:JRホテルグループ東京予約センター
TEL:03−5391−6916(平日9時30分から18時まで)
※注釈土曜日、休日および年末年始(12月29日から1月3日まで)は休業します。

8 北海道新幹線開業に伴う「秋の乗り放題パス」のお取り扱いについて
北海道新幹線開業によりJR在来線区間が変更となったことに伴い、平成28年度発売分より「秋の乗り放題パス」のご利用可能区間が一部変更となっております。なお、「秋の乗り放題パス」をご利用のお客様に、引き続き本州と北海道とのご旅行をお楽しみいただける「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」をあわせて発売します。

<「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」について>
「秋の乗り放題パス」と組み合わせてご利用いただくことで、本州と北海道とのご旅行をお楽しみいただける「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」を発売します。

1 発売期間
平成28年 9月17日(土曜日)から平成28年10月21日(金曜日)まで

2 ご利用期間
平成28年10月8日(土曜日)から平成28年10月23日(日曜日)まで

※注釈 「秋の乗り放題パス」と同一の発売およびご利用期間です。

3 おねだん
おとな 2,300円こども 1,150円
※注釈ご利用には、このほかに、有効な「秋の乗り放題パス」が必要です。

4 発売箇所
全国のJRの主な駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社

5 ご利用方法
「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」1枚でお一人片道1回、乗車日当日限りご利用いただけます(おとな用1枚でこども2人での利用はできません)。
本券をご利用の際は、有効な「秋の乗り放題パス」を携行していることが必要です(本券をご利用の際には、改札にて「秋の乗り放題パス」も一緒にご提示ください)。

6 きっぷの内容
(1)ご利用いただける路線について
北海道新幹線奥津軽いまべつ~木古内駅間の普通車の空いている席および道南いさりび鉄道線木古内~五稜郭駅間の普通列車が1枚につき片道1回のみご利用になれます(北海道新幹線と道南いさりび鉄道線とのご利用行程が連続していることが必要です)。なお、北海道新幹線奥津軽いまべつ駅とJR在来線の乗換駅は津軽線津軽二股駅となります。
(2)乗り越し、途中下車などについて
・道南いさりび鉄道線の各駅で下車した場合は、道南いさりび鉄道線乗車全区間の運賃が別に必要になります(ただし木古内駅、五稜郭駅では下車可能です)。
・北海道新幹線奥津軽いまべつ~木古内駅間以外の区間にまたがって、新幹線に乗車する場合は、新幹線乗車全区間の運賃および料金が別に必要です。
※注釈同一列車での乗車のほか、別の列車へ改札内で乗り継ぎすることによって、区間をまたがって乗車する場合も、新幹線乗車全区間の運賃および料金が必要です。

・北海道新幹線区間において、普通車指定席(指定席の交付)、グリーン車指定席、グランクラスをご利用になる場合は、乗車区間の特急料金、グリーン料金などのほか、運賃が必要です。
(3)各種割引について
各種割引による割引はいたしません。
(4)払い戻しについて
払い戻しは未使用かつ有効期間内に限ります(手数料が必要です)。
(5)きっぷを紛失された場合について
あらためてきっぷをお買い求めいただきます。なくしたきっぷが発見された場合でも、きっぷの払い戻しはいたしません。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ