このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年7月26日安全の取り組みに関する情報

山陰線三保三隅(みほみすみ)~岡見駅間で津波避難誘導訓練を実施しました

東日本大震災の教訓をもとに、地元住民の皆様方に車内のお客様としての協力をいただき、お客様の避難・誘導とともに迅速な対処方の習得を図り、異常時対応のさらなる向上を目的として津波・避難誘導訓練実施しました。

詳細

1 日時
平成28年7月26日(火曜日)13時20分から15時まで

2 場所
三保三隅~岡見駅間

3 想定
三保三隅~岡見駅間を運転する普通列車が、浜田市沖を震源としたマグニチュード7.3の地震により津波浸水区域内に緊急停止、列車の前方は線路が曲損しており運転再開が不可能な状況である。その後、気象官庁から大津波警報が発表され、乗務員の判断により乗客を降車させ指定避難箇所(三保公民館)まで避難誘導を行う。


避難訓練の様子1 避難訓練の様子2

避難訓練の様子3


4 参加者
地元住民の皆様
浜田市
浜田警察署
浜田消防署
JR関連会社
浜田鉄道部
西日本旅客鉄道株式会社
総計:約60名


※注釈その他の訓練についてはこちらをご覧ください。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ