このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年5月17日イベント・キャンペーン関連

「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」の開催について

JRグループ

 JRグループでは、平成28年7月1日(金曜日)から9月30日(金曜日)まで、青森県、北海道(渡島総合振興局・檜山振興局)、地元自治体(青森県内ならびに北海道道南エリア11市町)、観光事業者などと連携し「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」(以下、青函DC)を開催いたします。青森全県で実施するDCは5年ぶり2回目となり、道南エリアとの共催は初めてとなります。
 青森県と道南エリアは、古来、津軽海峡をはさみ交流・交易が活発に行われてきたエリアであり、相互に関連をもちながら、それぞれが豊かな文化や歴史を育み、今もなお大切に受け継がれています。両地域には、おおらかで温かい人々の心、豊かな食や温泉、自然・田園風景などさまざまな魅力があふれており、「津軽海峡でつながる物語」をキーワードに、その魅力を実感できる旅を提案します。
 北海道新幹線開業でますます近くなり、ひとつの観光エリアとなった青森県・函館エリアの魅力を全国の皆様に感じていただけるよう、地域一体となったおもてなしでお客様をお迎えいたします。夏の青森県・函館エリアの旅を存分にお楽しみください。

詳細

1 キャンペーン期間
 平成28年7月1日(金曜日)から9月30日(金曜日)まで

2 開催地域
 青森県全域・北海道道南11市町(函館市、北斗市、松前町、福島町、知内町、木古内町、七飯町、鹿部町、森町、上ノ国町、江差町)

3 キャッチフレーズなど
(1)キャッチフレーズ 「ひと旅 ふた旅、めぐる旅。青森⇔函館」
 青森県と北海道道南エリアの2つのエリアを周遊する旅のメリットを「1つの旅(ひと度)で2つの旅=ひと旅ふた旅」と表現し、1つの旅で2つのエリアを巡ることにより、深みのある旅の思い出を作ってほしいという願いを込めたキャッチフレーズとしました。

 キャンペーンロゴ

(2)キャラクター 「いくべぇ」
 青森を旅していた妖精。旅をする間に青森をとても気に入り、青い森にすみつきました。最近では青森県のほか北海道道南エリアも旅しており、いろんな帽子やかぶり物を付けて、2つのエリアの魅力を紹介・案内しています。

 キャラクター「いくべぇ」


 ※注釈 「青森県・函館デスティネーションキャンペーン」の詳細はこちらをご覧ください。(PDF形式 439キロバイト)

 ポスター

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ