このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年3月 9日その他

獣害対策として「鹿検知通報装置」を設置します

 年々増加している獣害(列車と動物の衝突による遅延の発生)を低減させるため、これまでも鹿侵入防止柵の整備などを行ってきましたが、新たに、鹿などが線路内に侵入した際に、警報灯で運転士に通知する鹿検知通報装置(株式会社てつでん製)を設置します。3月16日(水曜日)以降に準備が出来次第使用を開始します。

詳細

1 鹿検知通報装置の概要
 線路に侵入する鹿などを線路付近に設置したセンサーで検知し、離れた場所に設置したパトライトを点灯させて列車の乗務員に通知します。パトライトの点灯を認めた乗務員は、あらかじめ設定した区間で速度を落として運転し、鹿などとの衝突を回避します。

 鹿検知通報装置のイメージ

 

 装置の構成

2 実施区間
(1)山陰線 福知山〜上川口駅間(検知範囲約226メートル)
 住所:京都府福知山市牧

(2)山陰線 和田山〜養父駅間(検知範囲約195メートル)
 住所:兵庫県朝来市和田山町土田〜宮田

3 使用開始時期
 平成28年3月16日(水曜日)以降準備出来次第

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ