このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年3月 4日安全の取り組みに関する情報

京橋駅で可動式ホーム柵を使用開始します。
高槻駅で昇降式ホーム柵を使用開始します。
新神戸駅で新しい可動式ホーム柵を試行開始します。

 JR西日本では、ホームの安全性向上を目指して、京橋駅の学研都市線(片町線)ホームに「可動式ホーム柵」、高槻駅の新設ホームに「昇降式ホーム柵」を整備する工事を進めてまいりました。このたび使用開始日が決まりましたので、お知らせします。
 また、新神戸駅で新しい可動式ホーム柵を試行する準備を進めてまいりましたが、このたび試行開始日が決まりましたので、お知らせします。

詳細

1 京橋駅での可動式ホーム柵使用開始
(1)設置箇所
 学研都市線(片町線) 京橋駅 1番のりば(尼崎方面)

(2)使用開始日
 平成28年3月19日(土曜日) 始発列車から

(3)諸元
 タイプ:可動式ホーム柵(扉が左右にスライドするタイプ)
 柵延長:約140メートル
 寸法:開口 約2.9メートル、高さ 約1.3メートル

(4)設置イメージ
 京橋駅設置イメージ


2 高槻駅での昇降式ホーム柵使用開始
(1)設置箇所
 JR京都線 高槻駅 新設上下ホーム(1番・6番のりば、新快速・特急専用ホーム)

(2)使用開始日
 平成28年3月26日(土曜日) 始発列車から

(3)諸元
 タイプ:昇降式ホーム柵(ロープが昇降するタイプ)
 柵延長:約250メートル(1のりばあたり)
 寸法:開口 約5.0メートルから約12.0メートル、高さ 約1.3メートル(ロープ下降時) 約2.3メートル(ロープ上昇時)

(4)設置イメージ
 高槻駅設置イメージ


3 新神戸駅での新しい可動式ホーム柵試行開始
(1)設置箇所
 山陽新幹線 新神戸駅 下りホーム(博多方面)

(2)試行開始日
 平成28年3月22日(火曜日) 始発列車から

(3)諸元
 柵延長:約14メートル
 寸法:開口 約5.5メートル、高さ 約1.3メートル

(4)設置イメージ
 新神戸駅設置イメージ


 ※注釈 京橋駅、高槻駅、新神戸駅の概要はこちらをご覧ください。(PDF形式 265キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ