このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年2月 9日駅情報

山陽新幹線 主要5駅の「発車予告音」に「銀河鉄道999」の音色を導入します
〜3月9日以降、新神戸・岡山・広島・小倉・博多の5駅で使用開始〜

 山陽新幹線では、昨年3月10日から「感謝の気持ちを乗せて。山陽新幹線全線開業40周年キャンペーン(平成28年3月9日まで)」を実施してまいりました。この1年間のグランドフィナーレといたしまして、山陽新幹線の主要5駅の「発車予告音」に「銀河鉄道999」の音色を導入します。
 次の一歩へ。これからも、お客様に満足いただける「快適な山陽新幹線」を目指してまいります。

詳細

1 概要
 山陽新幹線の各駅では、列車が入線してくることをお客様に警告する「入線警告音」と、これからドアが閉まり発車することをお客様にお知らせする「発車予告音」に、同じ音色(ブザー音)を使用しています。
 このたび、山陽新幹線の主要5駅(全ての列車が停車する新神戸・岡山・広島・小倉・博多)の各新幹線ホームで使用している「発車予告音」を見直し、「入線警告音」と「発車予告音」の音色を区別することで、入線・発車の時期をわかりやすくし、ホーム上の注意喚起効果を高めることにしました。

2 新しい「発車予告音」の音色
 「銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999)」
 (ゴダイゴ:1979年)

 感謝の気持ちを乗せて。山陽新幹線 全線開業40周年

3 選曲理由
 鉄道にゆかりのある曲として幅広い世代に愛され、「旅立ちの時」を想起する曲であるとともに、「力強い鉄道」「夢のある鉄道」「未来につながる鉄道」を想起する曲として、選曲しました。
 山陽新幹線には、東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・小倉・博多・熊本・鹿児島など、国内のさまざまな都市を行先地とした列車が毎日数多く走っています。
 さまざまな想いをお持ちになり、それぞれの行先地に向かわれるお客様に、「旅立ちの時」をお知らせする音色として、活用してまいります。

4 使用開始日
 平成28年3月9日(水曜日)から (博多駅は3月10日から開始しています。
 
 昨年3月10日にスタートした「山陽新幹線全線開業40周年キャンペーン」のグランドフィナーレとして、その最終日にあたる3月9日「スリー・ナインの日」を選びました。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ