このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2016年2月 1日駅情報

新大阪駅の新11番・12番のりばを
本日(2月1日)から使用開始しました

 新大阪駅ではおおさか東線整備事業(北区間:放出〜新大阪駅間 平成30年度末開業予定)に伴う工事を進めておりますが、本日から、11番・12番のりばが新しくなった2号ホームに変更になりましたので、お知らせします。

詳細

1 新しい11番・12番のりばの概要
・エレベーター:1基、エスカレーター:2基(上り・下り 各1基)
・LED発車標:3カ所(両面表示2カ所、片面表示1カ所)
・ホーム端(11番線):櫛状ゴム、転落検知マットスペースライト
・ホーム待合室:広さ約40平方メートル、座席15席

 ホーム待合室


2 主な改良点
(1)安全性の向上
 列車とホームの隙間を縮小し、段差も解消します。

(2)サービスの向上
 特急乗車口案内標の設置(LED化)

 特急乗車口案内標


(3)省エネの実現
 ホーム上の照明を全てLED照明に変更し、消費電力を約35%削減します。
 ※注釈 改良前の2号ホームとの比較です。

(4)新快速列車と普通・快速列車の遅延波及を軽減
 大阪方面に渡り線(上り外側線−13番のりば)を新設することで、これまで大阪〜新大阪駅間の上り内側線を走行していた新快速列車と快速・普通列車の線路を内側・外側線に分けることが可能となり、一方の列車が遅延しても、もう一方の列車への遅延の波及が軽減されます。


 路線図

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ