このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年11月18日安全の取り組みに関する情報

山陽新幹線 新神戸駅で新しい可動式ホーム柵を試行します

 JR西日本では、山陽新幹線におけるホーム安全の取り組みとして、異なる車両扉位置に対応した大開口タイプの可動式ホーム柵の開発を進めてまいりました。
 このたび、駅での運用に目処が立ったため、新神戸駅で試作機を用いた試行運用を行うこととしましたので、お知らせします。

詳細

1 試行目的
 大開口タイプの可動式ホーム柵の機能確認および運用方法の決定

2 試行箇所
 山陽新幹線 新神戸駅 下りホーム
 (16両編成の6号車と7号車の間、既存ホーム柵の線路側)

3 試行期間
 平成28年3月下旬から平成28年7月末(予定)

4 試作機概要
(1)寸法
 柵延長:約14メートル(扉間口:5.5メートル)、筐体部高さ:1.35メートル、筐体部厚み:0.33メートル

(2)扉構造
 アルミフレーム構造、扉部はポリカーボネートプレート採用

(3)安全装置
 取残し検知センサ(線路側)、近接検知センサ(ホーム内側)など

5 主な検証内容
・到着から発車までの連続動作の確認
・最適な扉開閉速度やセンサ機能の確認
・駅係員や乗務員の取り扱いの確認

 <設置イメージ(扉開閉時)>
 設置イメージ

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ