このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年11月 2日列車の運行

日本旅行、JR西日本共同企画
特急くろしお号から引退の381系車両がきのくに線ラストラン
ありがとう381系 きのくに線 ツアーの実施について

株式会社日本旅行
西日本旅客鉄道株式会社

 株式会社日本旅行(以下、「日本旅行」)、西日本旅客鉄道株式会社(以下、「JR西日本」)は共同で、去る平成27年10月30日の運転をもって特急「くろしお」号から引退した381系特急型電車を使用して「ありがとう381系 きのくに線」と題したツアーを実施いたします。
 このツアーをもちまして、37年間続いたきのくに線での381系の営業運転はラストランとなる予定です。きのくに線を駆ける最後の381系の旅をお楽しみください。

 381系電車

詳細

1 運行概要
(1)運転日
 往路:平成27年12月5日(土曜日)
 復路:平成27年12月6日(日曜日)

(2)運転区間
 往路:天王寺(10時47分ごろ)→新宮(16時20分ごろ)
 復路:新宮(12時50分ごろ)→天王寺(18時6分ごろ)

(3)編成
 381系6両編成(普通車指定席、グリーン車指定席)

 ※注釈 時刻・編成は予定の時刻です。変更になる場合があります。

2 ツアーの概要
(1)行程およびプラン内容
○ご乗車パターン 
【1泊2日往復乗車プラン】
 上記の運行を往復ご乗車と宿泊をセット 
【往復乗車(宿泊なし)プラン】
 上記の運行を往復ご乗車いただけます
【片道(往路)乗車プラン】
 12月5日(土曜日)の往路乗車
【片道(復路)乗車プラン】
 12月6日(日曜日)の復路乗車

○お座席プラン
【基本プラン】
 普通車指定席をお一人様に1席ご用意
【普通車らくらくプラン】
 普通車指定席をお一人様に横並び2席をご用意
【普通車一人掛け席プラン】
 座席間隔改善により1両に2席だけ生まれた1人掛け席をご用意
【グリーン車プラン】
 グリーン車指定席をご用意
 
 ※注釈 普通車らくらくプラン、普通車一人掛け席プラン、グリーン車プランは追加代金が必要です。

(2)おすすめポイント
○往路復路共通
・往路、復路で、かつてきのくに線を走った特急列車をイメージした異なるヘッドマークをクハ381(6号車)に取り付けて運転(どちらのマークを取り付けかは当日のお楽しみです)
・特製掛け紙のお弁当、記念乗車証、記念乗車品付き(往路、復路のそれぞれでお一人様1個)
・JR西日本和歌山支社オリジナル「くろしお」号手提げ袋付き(往路、復路のそれぞれでお一人様1個)
・車内でグッズ販売会を実施
・「ありがとう381系 きのくに線」記念撮影ボードを車内にご用意
・381系パンダシートで最後の記念撮影

○往路乗車のお楽しみ
・289系、283系くろしお号とJR東海キハ85系の南紀号と381系との出会い(すれ違い、追い越し)をドアの開く駅で設定(新宮駅を含む)
・海が見えるビューポイントでの徐行
・通常ではほとんどの列車が停車する、白浜駅を通過する貴重な体験
・駅舎に特徴のある那智駅での停車および283系くろしお号と行き違い(ドアが開きます)

○復路乗車のお楽しみ
・新宮駅にて、381系展示会(復路にご乗車の方限定、6号車クハ381のヘッドマークを回して展示)
・双子山信号場で停車(ドアは開きません)
・海が見える湯川駅、見老津駅で停車(ドアは開きません)
・新宮駅で283系くろしお号、JR東海キハ85系南紀号、381系は並んで停車
・283系、287系くろしお号と381系との出会い(すれ違い)をドアの開く駅で設定
・かつての特急停車駅、椿駅で停車(ドアが開きます)

 ※注釈 おすすめポイントは、すべて旅行代金に含まれます。
 ※注釈 列車の運行状況などにより、予告なく変更する場合があります。

 ヘッドマーク、手提げ袋


3 ツアーの発売方法など
(1)発売日時
 平成27年11月4日(水曜日) 15時

(2)発売箇所
 日本旅行 大阪予約センター:0570-666155(全日 9時30分から18時)および
 日本旅行、日旅サービス、日本旅行オーエムシートラベルの全国の支店・店舗でご予約いただけます。

(3)旅行代金など
 こちらをご覧ください。(PDF形式 1,163キロバイト)

 パンフレット
 
4 その他
 詳しい商品内容につきましては、下記の日本旅行ホームページからもご覧いただけます。
 日本旅行 関西ホームページ(http://www.nta.co.jp/kansai/
 上記URL内、その他おすすめプラン内に掲載

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ