このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年8月28日グループ会社

JR明石駅商業施設「ステーションプラザ明石」の
名称変更およびリニューアルオープン時期の変更について

神戸SC開発株式会社

 神戸SC開発株式会社は、JR明石駅高架下においてリニューアル工事中のショッピングセンター(以下、「SC」)「ステーションプラザ明石」につきまして、さらなるSCイメージの向上を目的に、既存のSC「ピオレ姫路」とブランドを統一し、施設名称を「ピオレ明石」に変更する運びとなりましたので、お知らせいたします。
 ステーションプラザ明石は、1964年(昭和39年)に「明石ステーションデパート」として開業した後、1996年(平成8年)のリニューアルに伴い施設名称を「ステーションプラザ明石」に変更し、本年1月12日に東館・西館を閉館するまで約50年間にわたり営業してまいりました。
 新しく生まれ変わる「ピオレ明石」につきましても、今まで以上に地域の皆様に愛されるSCをめざすとともに、地域の活性化に貢献してまいりたいと存じますので、引き続きご愛顧賜りますようお願い申しあげます。
 なお、当初予定しておりました2015年秋のリニューアルオープン時期につきまして、高架橋耐震補強の追加工事などの影響により、2016年2月ごろに変更させていただくこととなりました。日ごろよりご愛顧いただいております皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、お客様の安心・安全確保の観点から、何卒、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。

詳細

1 施設名称およびロゴマーク
(1)施設名称
 piole明石 (読み:ピオレ アカシ)

 【名称の意味】
 私たちの商業施設が、街に住み、街に通い、街を訪れる人々(people)と駅(eki)とを結ぶ橋渡し役として、夢やトキメキにつながる感動(impression)、個性豊かな独創性(originality)および心地よい理想のライフスタイル(life-style)を提案し続けることができるSCであることをめざし、頭文字「p」「e」「i」「o」「l」を組み合わせた造語です。

(2)ロゴマーク
 piole明石ロゴ

 キーカラーのピンク色は、「若さと情熱」をイメージし、中心に位置するグリーン色は森などの自然を表し、「憩いの空間」をイメージしています。

2 施設コンセプト
 施設コンセプト

3 施設イメージパース
(1)東館北側ビル 外装
 東館北側ビル 外装
 

(2)西館コンコース側 エントランス
 西館コンコース側 エントランス

 ※注釈 2015年8月28日時点の計画に基づくものであり、今後、変更される場合があります。

4 リニューアルオープン時期(予定)
 2016年2月ごろ

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ