このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年8月24日イベント・キャンペーン関連

「走る日本市」プロジェクト第二弾
2015年9月1日より「福岡県」スタートのご案内

西日本旅客鉄道株式会社
株式会社ジェイアール西日本フードサービスネット
株式会社中川政七商店

 西日本旅客鉄道株式会社と株式会社ジェイアール西日本フードサービスネット、株式会社中川政七商店の3社は、「土産もの」を切り口に新幹線車内から沿線各地のものづくりの魅力を発信する「走る日本市」プロジェクトの第二弾を発表します。
 全線開業から40周年を迎えた山陽新幹線での車内販売の新たな取り組みとして、2015年5月にスタートした第一弾(山口県)に続き、地域工芸品を中心に福岡県にちなんだ5種類のオリジナルアイテムを2015年9月1日(火曜日)より、山陽新幹線(新大阪〜博多駅間)車内で販売します。

詳細

 

 「走る日本市」プロジェクト第二弾

「走る日本市」プロジェクト第二弾

■走る日本市プロジェクトとは?
 「ここでしか買えない土産もの」をコンセプトに、地域の工芸品メーカーと西日本旅客鉄道株式会社、株式会社ジェイアール西日本フードサービスネット、株式会社中川政七商店の3社が協力して商品企画を行うことにより、旅の思い出を彩る特別なお土産をお客様にお届けします。
 新幹線の車内販売は、従来の「車内で必要な物を売る」ことに加え、「車内で魅力的な商品をご提案する」へ。交通網としてだけではなく、車内を旅行者と地域工芸との出会いの場とするために、両者の喜びとなるような商品を創造していきます。1年間を4シーズンに分け、第一弾の山口県から福岡県、石川県、岡山県へと実施していき、山陽新幹線の車内販売でしか購入できない土産ものを各県の地元メーカーと制作し、販売します。

 「走る日本市」ロゴ


【期間】
 2015年5月25日から2016年5月下旬
  第一弾:山口県(2015年5月25日から2015年8月31日)
  第二弾:福岡県(2015年9月1日から2015年11月下旬)
  第三弾:石川県(2015年11月下旬から2016年2月下旬)
  第四弾:岡山県(2016年2月下旬から2016年5月下旬)

【販売場所】
・車内販売
 山陽新幹線(新大阪〜博多駅間)
・インターネット販売
 山陽新幹線車内販売ネットショップ(国内向け)
 ※注釈 インターネット販売では一部取り扱いの無い商品もあります。


【第一弾】山口県(2015年5月25日から2015年8月31日)
 ふぐをモチーフにしたハンカチや、地域工芸の柳井縞を用いた名刺入れなど山口県ゆかりの5つのオリジナルアイテムを販売。季節柄、旅で乾いた喉を癒す「フロートナツミカネード」「獺祭(だっさい)」といったドリンクメニューも好評です。

(1)柳井縞 名刺入れ 7,000円 柳井縞の会(山口県柳井市)
(2)走る日本市セット 獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 WASARA 猪口 850円 旭酒造株式会社(山口県岩国市)
(3)フロートナツミカネード 1,080円 光浦醸造工業株式会社(山口県防府市)
(4)ふくハンカチ 1,300円 株式会社岩川旗店(山口県萩市)
(5)走る日本市ふきん 山口 500円 株式会社中川政七商店

 「走る日本市」第一弾(山口県)
 「走る日本市」ワゴン

 
○山陽新幹線車内販売「獺祭(純米大吟醸磨き三割九分)+WASARA」の継続販売について
 平成27年9月以降についても販売を継続します。詳細はこちらをご覧ください。(PDF形式 31キロバイト)

 走る日本市セット 獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 WASARA 猪口


○山陽新幹線車内販売「走る日本市」プロジェクト第二弾(福岡県)にちなんだお土産を販売
 平成27年9月1日から、「あまおうジェラート」「八女煎茶(やめせんちゃ)」「努努鶏(ゆめゆめどり)」を販売します。詳細はこちらをご覧ください。(PDF形式 47キロバイト)

 「あまおうジェラート」「八女煎茶(やめせんちゃ)」「努努鶏(ゆめゆめどり)」

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ