このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年8月19日きっぷ

「フルムーン夫婦グリーンパス」の発売について

JRグループ

 JRグループでは今年も、お二人の年齢を合わせて88歳以上のご夫婦を対象に、鉄道ならではのゆったりした「旅」をお楽しみいただくため、JR線のグリーン車(新幹線「のぞみ」号「みずほ」号など、一部の列車を除きます)が乗り降りできる「フルムーン夫婦グリーンパス」を9月1日から発売します。
 お二人の記念のご旅行として、また、思い出の地を訪ねるご旅行として、リッチな気分でJR線グリーン車の旅をお楽しみください(一部グリーン車の設定がない列車もございます)。

詳細

1 きっぷの名称
 「フルムーン夫婦グリーンパス」

2 発売期間
 平成27年9月1日(火曜日)から平成28年5月31日(火曜日)まで

3 ご利用期間
 平成27年10月1日(木曜日)から平成28年6月30日(木曜日)までの連続した5日間・7日間・12日間

 ※注釈 有効期間別にパスをご用意しております。ただし、以下の期間は、有効期間内であってもご利用になれません。
      また、有効期間の延長もいたしません。
     ・平成27年12月28日(月曜日)から平成28年1月6日(水曜日)
     ・平成28年3月21日(月曜日・振替休日)から平成28年4月5日(火曜日)
     ・平成28年4月27日(水曜日)から平成28年5月6日(金曜日)
     
4 おねだん(お二人分)

 おねだん(お二人分)

5 きっぷの内容
(1)きっぷの種類は「一般用」と「シルバー用」があり、それぞれ「5日間用」「7日間用」「12日間用」の3種類を用意しています。

(2)お二人の年齢の合計がご利用開始日に88歳以上である場合、ご利用になれます。さらに、お二人のうちどちらかが70歳以上の場合、「シルバー用」をご利用になれます。

(3)きっぷに記載されたご夫婦が同一行程でご利用になる場合に有効です。

(4)JR線の特急(新幹線「のぞみ」号および「みずほ」号(ともに自由席を含む)は除く)・急行・快速・普通列車のグリーン車(一部グリーン車の設定がない列車もあります)、B寝台車およびBRT(バス高速輸送システム)ならびにJR西日本宮島フェリーがご利用になれます。

(5)グランクラス、DXグリーン、特急グリーン個室、A寝台個室、B寝台個室をご利用になる場合は、特急・急行料金およびそれぞれの設備に応じた料金が必要です。また、乗車整理券・ホームライナー料金が必要な列車をご利用になる場合は、別に乗車整理券・ライナー券が必要です。

(6)JR線(BRT含む)ならびにJR西日本宮島フェリー以外の路線は、ご利用になれません(青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線、伊豆急行線、伊豆箱根鉄道線、小田急電鉄線、東武鉄道線、しなの鉄道線、えちごトキめき鉄道線、あいの風とやま鉄道線、IRいしかわ鉄道線、伊勢鉄道線、京都丹後鉄道線、智頭急行線、土佐くろしお鉄道線および肥薩おれんじ鉄道線など、JR線と直通運転をしている路線ならびにJRバスもご利用になれません)。別途、ご利用になる区間に有効な乗車券類が必要です。
 
 ※注釈 青い森鉄道線の青森〜八戸駅間・青森〜野辺地駅間・八戸〜野辺地駅間の普通・快速列車は、通過利用する場合に限り、ご利用になれます。以上の区間で下車した場合、別に乗車区間の運賃などが必要になります。ただし、青森駅、野辺地駅、八戸駅に限り下車することができます。
 
 ※注釈 あいの風とやま鉄道線の高岡〜富山駅間の普通列車は、通過利用する場合に限り、ご利用になれます。以上の区間で下車した場合、別に乗車区間の運賃などが必要になります。ただし、高岡駅、富山駅に限り下車することができます。

 ※注釈 IRいしかわ鉄道線の金沢〜津幡駅間の特急・普通列車は、通過利用する場合に限り、ご利用になれます。以上の区間で下車した場合、別に乗車区間の運賃などが必要になります。ただし、金沢駅、津幡駅に限り下車することができます。

(7)グリーン車が連結されていない列車にご乗車のときや、グリーン車が満席のときなどで、普通車に乗車された場合でも差額の払い戻しはいたしません。

(8)列車の運休や遅れによる払い戻しおよび有効期間の延長はいたしません。払い戻しは未使用で有効期間内に限ります(手数料が必要です)。

(9)きっぷを紛失された場合、あらためてきっぷをお買い求めいただきます。なくしたきっぷが発見された場合でも、きっぷの払い戻しはいたしません。

(10)きっぷをご利用の際には、年齢を証明できる公的証明書(健康保険証など)をお持ちください。また、「シルバー用」につきましては、お買い求めの際にも、上記の書類のご提示が必要です。
 
※注釈 新青森〜新函館北斗駅間の北海道新幹線開業(平成27年度末予定)後においては、きっぷの効力が変更となる場合があります。

6 発売箇所
 全国のJRの主な駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社で発売します。

7 特典
 お客様ご自身で以下の連絡先にお申し込みいただき、きっぷを提示すると、JRホテルグループ加盟ホテルにおいて宿泊料金の割引などの特典が受けられます(一部割引にならない場合もございます)。

 JRホテルグループ東京予約センター
 【電話】03-3239-8522 平日9時30分から18時 
  ※注釈 土曜日・休日および年末年始(12月29日から1月3日)は休業です。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ