このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年2月12日安全の取り組みに関する情報

北陸新幹線 飯山〜上越妙高駅間で異常時合同訓練を実施しました

 当社は、北陸新幹線開業に向け、異常時を想定したお客様の救護・避難誘導訓練を警察・消防と連携のもと、JR東日本と合同で実施しました。

詳細

1 日時
 平成27年2月12日(木曜日) 午後10時から13日(金曜日)午前4時

2 場所
 北陸新幹線 飯山〜上越妙高駅間

3 目的
 ・共同で運行する会社が連携し異常時対応能力の向上を図る
 ・部外関係箇所と連携したお客様救護の手順などを確認する

4 訓練概要
 北陸新幹線の最長トンネルである飯山トンネル(長野県飯山市および新潟県妙高市にわたる全長22,251メートル)内において、以下の訓練を実施しました。
 ・運転が継続できなくなった新幹線車両を救済するため、反対線路に新幹線車両を横付けし、渡り板を使ってお客様に乗り移っていただく訓練
 ・新幹線がトンネル内で長時間停車したため、警察・消防と連携しお客様を救護するとともに、トンネル外に避難誘導する訓練 

訓練写真 訓練写真

※注釈 その他の訓練についてはこちらをご覧ください。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ