このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2015年1月29日ご報告

山陰本線 江津〜都野津駅間 車両部品の一部が脱落した事象について

 平成27年1月29日、山陰本線 江津〜都野津駅間を走行中の列車から車両部品の一部が脱落し、列車の運休や遅れが発生しました。お客様にはご迷惑とご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
 平成27年1月29日(木曜日) 午後4時24分ごろ

2 発生場所
 山陰本線 江津(ごうつ)〜都野津(つのづ)駅間

3 当該列車
 特急スーパーおき5号 鳥取駅(13時42分)発 新山口駅(18時51分)行 2両編成
 乗客数:65名、乗務員:2名

4 概況
 1月29日午後4時24分ごろ、当該列車の運転士は、山陰本線 江津〜都野津駅間を走行中に通常とは異なる音を認めたため、非常ブレーキをかけました。同時に、自動的に車両の非常ブレーキが作動し、列車は停車しました。運転士が車両の点検を行ったところ、先頭車両に取り付けてある自動列車停止装置(ATS)用の部品の一部が脱落しているのを発見しました。当該列車はATSが使用できないため、次の都野津駅まで徐行で運転を行い、以後の運転を取りやめました。
 その後、江津〜浜田駅間で列車の運転を見合わせて線路の確認を行い、運転に支障がないことが確認できたため、午後6時に運転を再開しました。

 ※注釈 お客様におけがなどはありません。
 ※注釈 ご乗車のお客様には、都野津駅からバスによる代行輸送を行いご利用いただきました。

5 脱落した部品
 自動列車停止装置(ATS)の部品の一部 1つ
  大きさ:約40センチメートル×約30センチメートル×約30センチメートル
  重さ:約13キログラム

6 原因
 一部の取り付けボルトが落失していたためです。

7 列車影響
 運休:計3本(特急1本、普通2本)
 部分運休:特急2本
 遅れ:普通2本 96分から30分の遅れ
 影響人員:約400名

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ