このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年12月 5日安全の取り組みに関する情報

下関駅で鉄道事故発生時の救済救護訓練を実施しました

 下関地域鉄道部では、鉄道事故が発生した場合に備え、併発事故の防止および迅速な救済救護体制の確立を図ることを目的に、警察・消防・医療関係者のご協力のもと、以下のとおり救済救護訓練を実施しました。

詳細

1 訓練日時
 平成26年12月5日(金曜日) 午前10時50分から午後0時30分

2 訓練場所
 山陽本線 下関駅構内

3 訓練想定
 山陽本線 新下関〜幡生駅間の村上踏切内に、自動車が故障により停止しているところへ上り電車がさしかかり、危険を認めた運転士がただちに非常ブレーキを取り扱うもおよばず衝撃し停車した。自動車は破損し、運転手と同乗者が負傷。また当該電車のお客様にも多数の負傷者が発生した。一方、乗務員はただちに列車防護手配を取り、乗り合わせたJR西日本社員と協力してお客様の救護にあたり、到着した警察、消防および医療関係者と連携して負傷者の救済救護を行なう。

4 訓練内容
(1)乗務員による併発事故防止(緊急停止手配、列車防護)
(2)乗り合せたJR西日本社員による救命活動
(3)警察、消防、指令との情報共有
(4)消防、医療チーム(DMAT)およびJR西日本関係者が連携した救済救護活動
(5)現地対策本部の設置、負傷者名簿などの作成

訓練の写真

5 参加者
 山口県下関警察署
 下関市中央消防署
 関門医療センター
 済生会下関総合病院
 下関市立市民病院
 JR西日本関係各所(関連会社含む)
 総計 約135名

※注釈 その他の訓練についてはこちらをご覧ください。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ