このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年12月25日列車の運行

お客様への案内強化や異常時対応能力向上を目指して
新幹線の全乗務員が「iPad」を携帯します

 当社は、「中期経営計画2017」の4つの事業戦略において「世界に誇る技術を持つ新幹線のポテンシャルを高める」ことを掲げ、各種取り組みを推進してきました。その取り組みの一環として、このたび、新幹線の全乗務員がiPadを携帯することになりましたのでお知らせします。
 最新のIT技術を活用し、通信機能・アプリケーションの活用および業務に必要なマニュアル・規程類を端末上で一元的に電子データ化することで、異常時対応能力を向上させ、新幹線のさらなる安全安定輸送の実現へ向けた取り組みを進めます。また、このiPadを活用し、今まで以上にお客様への案内情報提供の強化に取り組み、CS(お客様満足度)の向上を図ります。さらに、新幹線乗務員が携帯するマニュアル・規程類の軽量化、差しかえ作業の迅速化およびペーパーレス化を図ります。
 来年3月14日に開業する北陸新幹線にも導入します。今後も「新幹線のポテンシャルを高める」取り組みを推進していきます。

詳細

1 新幹線乗務員が携帯するiPadの種類、導入台数
【運転士】
 iPad Air
【車掌、客室乗務員】
 iPad mini
 ※注釈 「iPad」「iPad Air」「iPad mini」はApple Inc.の商標です。

 導入台数:約1,200台

2 導入線区、導入時期
【山陽新幹線】
 平成27年1月13日(火曜日)
【北陸新幹線】
 平成27年3月14日(土曜日)
 ※注釈 北陸新幹線金沢開業時

3 iPad導入による効果
○お客様への案内強化
 ・新幹線および沿線在来線の最新の運行情報などをリアルタイムに取得でき、
  お客様への迅速な情報提供が可能になります。
 ・今後増加が予想される外国のお客様への簡易案内翻訳ツールなどの活用により、
  案内サービスの向上につながります。
○安全安定輸送の実現
 ・通信機能、カメラなどを活用することで異常箇所の画像などを関係者間で共有でき、
  原因特定が迅速化しダウンタイムが縮小します。
○マニュアル・規程類の電子化による乗務員への負担軽減および省資源化
 ・マニュアル・規程類の携帯品の電子化により軽量化および差しかえ作業の迅速化
  およびペーパーレス化が図れます。
 ※注釈 運転士:約3キログラムから800グラム、車掌:約2キログラムから700グラムへ軽量化します。

写真はイメージです
写真はイメージです。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ