このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年12月 8日列車の運行

『大阪環状線改造プロジェクト』進行中!
大阪環状線に新型車両「323系」を投入!
安全性とサービス水準を高めた新しい車両が登場します

 JR西日本グループでは、昨年度『大阪環状線改造プロジェクト』を立ち上げ、大阪環状線のイメージアップとお客様満足度向上を図るため、「安全快適な駅づくり(駅美装・改良)」「駅構内および高架下の開発・リニューアル」「車両新製」「地域や他交通事業者との連携」の4つの重点施策を掲げ、さまざまな施策を展開しています。
 このたび、安全性とサービス水準を高めた次期大阪環状線車両323系の概要が決まりましたのでお知らせいたします。平成28年度から平成30年度に323系を順次投入し、国鉄時代に製造された大阪環状線内の103系・201系通勤形電車をすべて置き換えます。

詳細

1 開発コンセプト
 323系の開発にあたっては、輸送品質の確保と先進的なサービスによる快適性の向上、大阪環状線のイメージアップを図るため、以下の4点をコンセプトとして定めています。
 「安全・安心の向上」「機器の信頼性向上(安定輸送)」「情報提供の充実」「人に優しい快適な車内空間」

2 車両仕様
(1)基本仕様
○最高運転速度 時速100キロメートル
○車体構体 ステンレス製車体
○扉数 3枚扉
○腰掛配置 ロングシート

(2)主な特長
主な特長
 ※注釈 案内情報を日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語で表示します。  
 ※注釈 空気清浄機を一編成で試行設置します。
 ※注釈 現在の車両との比較についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 120キロバイト)

3 車両デザイン
・大阪環状線の電車として長年親しまれてきたオレンジ色を基調とした先進的な外観
・『大阪環状線改造プロジェクト』のロゴマークを先頭部および側面にデザイン
・ドアの位置や動作状況をわかりやすくするために、ドア上へ『大阪環状線改造プロジェクト』のロゴマークにちなんだ表記とドア先へ黄色のラインを配置

323系

4 投入線区
 大阪環状線・JRゆめ咲線

5 投入車両数
 168両(8両編成を21本)

6 投入時期
 平成28年度から平成30年度

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ