このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年11月 5日安全の取り組みに関する情報

舞鶴線 西舞鶴駅で津波対処訓練を実施しました

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災を教訓に、大規模地震、津波に対応すべく津波対処訓練を福知山支社では山陰線(浜坂駅周辺)で実施してきましたが、このたび、舞鶴線で初めて実施しました。
 列車にご乗車のお客様、駅構内で列車をお待ちのお客様に、安全かつ迅速に避難していただくための訓練で、災害時における対応能力の向上を図ることとしました。

詳細

1 実施日
 平成26年11月5日(水曜日)午前10時35分ごろから11時15分ごろ

2 訓練場所
 舞鶴線 西舞鶴駅構内(東舞鶴寄り)

3 訓練列車
 287系特急車両(3両編成)を訓練列車として使用

4 訓練内容
 若狭湾内を震源とする大規模地震が発生し、舞鶴線 東舞鶴〜西舞鶴駅間を走行中の特急列車(287系3両編成)が無線による緊急地震速報を受信、また大きな揺れを感じ、西舞鶴駅入駅中に緊急停車します。特急列車車内には沿線のお客様、沿線の地理に不案内なご旅行中のお客様がおられます。その後、運転士は運輸指令より大津波警報が発令された旨の連絡を受け、車掌と相互に打ち合わせを実施、役割分担を確認の上、またご乗車中のお客様に協力を要請し、車内のお客様に降車していただき、西舞鶴駅の二階自由通路まで避難誘導を行います。
 また、駅構内においても緊急地震速報、その後の大津波警報を受信し、ホームのお客様を駅2階に避難誘導するともに、特急列車へ乗車しているお客様の避難誘導の支援に向かいます。

訓練内容

5 訓練参加人員
 約90名
 ※注釈 お客様役(列車に乗り合せた社員含む)は70名程度

6 その他
 当訓練は、舞鶴線では初めての訓練であり、社員がお客様役として参加しました。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ