このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年11月 7日安全の取り組みに関する情報

山陽新幹線 総合復旧訓練を実施しました

 自然災害などにより発生した車両・設備損傷に対して、各系統が連携を取りながら復旧作業を行うことにより、早期復旧などの異常時応能力の向上を図ることを目的に、「山陽新幹線総合復旧訓練」を実施しました。

詳細

1 日時
 平成26年11月7日(金曜日) 午前11時30分から午後3時

2 場所
 博多総合車両所構内

3 想定
 福岡県沖玄界灘海域を震源とする地震が発生し、小倉〜博多駅間を走行中の「こだま号」の先頭車両が脱線して停車した。その後、お客様の救済・救護は終了し、運輸安全委員会からも現場保存命令が解除されたため、復旧へ向けて本格作業に着手することとした。

4 訓練内容
・脱線復旧訓練
・搬送仮台車取付訓練
・まくら木交換訓練
・トロリ線断線復旧訓練
・併結訓練
 など

新幹線訓練  新幹線訓練

新幹線訓練  新幹線訓練

5 参加者
 約100名

※注釈 その他の訓練についてはこちらをご覧ください。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ