このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年10月 6日イベント・キャンペーン関連

梅小路運転区100周年記念セレモニー開催
「義経」号が復活運転します

 大正3年10月10日、「梅小路機関庫」として誕生した梅小路運転区は、大正の時代から現在に至るまで、主に蒸気機関車の整備を行い、鉄道の歴史を支えてきました。
 平成26年10月10日、100周年を迎えるにあたり記念セレモニーを開催するとともに、平成26年4月の交通科学博物館閉館後に運び込まれ、約半年にわたって整備を行ってきた「義経」号を「SLスチーム号」として17年ぶりに復活運転いたします。

100周年ロゴ

詳細

1 セレモニーの概要
(1)開催日
 平成26年10月10日(金曜日) 午後3時から午後4時ごろ

(2)場所
 梅小路運転区(梅小路蒸気機関車館併設)  

(3)出席者
 【来賓】
  山本 耕治 様(下京区長) 
  本政 和好 様(大内学区自治連合会長)
  西村 為彦 様(七条学区自治連合会長)
  市村 勝   様(梅小路活性化委員会委員長)
 【主催者側】
  藏原 潮   (西日本旅客鉄道株式会社 執行役員 近畿統括本部 京都支社長)  
  藤谷 哲男  (西日本旅客鉄道株式会社 梅小路運転区長)
  兵東 勇   (梅小路蒸気機関車館館長)

(4)内容
 【100周年記念セレモニー】
  ○主催者あいさつ
  ○「義経」号お披露目
   ・関係者による除幕、テープカット(扇形車庫前)
   ・転車台への移動
 【「義経」号による「SLスチーム号」の運転】
  ○記念セレモニー後、「義経」号を「SLスチーム号」として運転いたします。(計2本運転予定)
   (通常はC62形、C61形、D51形、8620形を梅小路蒸気機関車館内で「SLスチーム号」として運転しています。) 
  ※注釈 最初の運転には、沿線の幼稚園・保育園の園児にご乗車いただく予定です。
  ○当面は10月10日のみ運転予定です。(次回の運転は未定です)

義経号の写真

 ※注釈 「義経」号の詳細についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 109キロバイト)

2 イベントの概要
 セレモニーの他にも、100周年を記念しイベントを実施いたします。
(1)「義経」号の展示
 【期間】
  平成26年10月11日(土曜日)から14日(火曜日)
  ※注釈 12日から14日はライトアップも実施します。(午後5時30分から午後7時30分)
  ※注釈 台風19号接近のため、13日のライトアップ展示は中止いたします。12日、14日も台風の進路によっては中止させていただく場合があります。
  ※注釈 ライトアップ期間中の営業時間は午後7時30分までです。(入場受付は午後7時まで)
  ※注釈 台風19号接近のため、13日は通常どおり午後5時30分で閉館いたします。
 【場所】
  扇形車庫 転車台南側

(2)梅小路蒸気機関車館「梅小路運転区・梅小路機関車庫100周年記念特別展『汽笛響かせ一世紀』」
 【期間】
  平成26年10月10日(金曜日)から平成27年2月3日(火曜日) 
 【場所】
  梅小路蒸気機関車館内 企画展示コーナー

梅小路運転区 略歴

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ