このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年7月17日イベント・キャンペーン関連

「大阪環状線改造プロジェクト」進行中!
環状線「初」の音楽列車「TEN-ON ぐるKAN LIVE」鑑賞者募集!

天満音楽祭実行委員会
西日本旅客鉄道株式会社

 先日お知らせいたしました「環状線『初』の音楽列車『天満音楽祭』環状線ぐるっとライヴ」について、このたび、ライヴ鑑賞者を募集することになりましたのでお知らせします。
 「音づくり、仲間づくり、街づくり」をコンセプトに、平成12年のスタート以来、音楽で地域を盛り上げてきた「天満音楽祭」が平成26年で15年目を迎えます。この節目のイベントを盛り上げるため、「天満音楽祭」と「大阪環状線改造プロジェクト」がコラボレーションし、環状線初の車内音楽ライヴ「TEN-ON ぐるKAN LIVE」を実施します。
 ライヴ列車は、大阪駅を出発し環状線を丸1周し、「天満音楽祭」のお膝元である終着天満駅を目指します。6月に登場した環状線ラッピング列車「OSAKA POWER LOOP」をライヴ専用貸切列車として運行します。
 このイベントに180名様の鑑賞者を募集いたします。多くの皆様のご応募をお待ちしております。

詳細

1 ライヴ名称
 TEN-ON ぐるKAN LIVE

 ※注釈 「KAN」の3文字に、「『環』状・『感』動ライヴで、大阪・『関』西を元気に!」の思いを込めました。

2 運転日
 平成26年9月28日(日曜日)

3 運転区間・時刻
  大阪駅(14時30分ごろ発)から天満駅まで 所要時間約45分

 ※注釈 大阪駅を出発し、大阪環状線外回り(時計回り)で1周したのち、天満駅まで運行します。

4 使用車両
 環状線ラッピング列車「OSAKA POWER LOOP」(103系8両編成)

 ※注釈 ライヴ専用貸切列車として運行します。

5 出演者(順不同)
 激団モンゴイカ(ジャグバンド)、ファンファンバンド(ポップス)、娯楽談話室(ポップス)、DDプリンセス(ポップス)、SOUL of SOLEIL(ゴスペル)、ぱんつぱん(スチールパン)、kawole+生島大輔(ボサノヴァ、タンゴ)、優希(ポップス)、ユルリラ(フォーク)、JR西日本ふれあい楽団(軽音楽)の計10団体

 ※注釈 8両編成のうち5両分を使用し、それぞれの車両で2団体がパフォーマンスを繰り広げます。

6 その他
 企画 天満音楽祭実行委員会
 旅行企画実施 日本旅行

※注釈 応募方法や募集要項(参加有料)などについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 455キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ