このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年7月16日列車の運行

山陰線(須佐~奈古駅間)、山口線(地福~津和野駅間)の運転再開見込みなどについて

平成25年7月28日(日曜日)未明から、山口県北部と島根県西部における短時間の局地的な集中豪雨により、弊社の山陰線と山口線において線路などの設備に大きな被害が発生しました。現在、山陰線では須佐~奈古駅間、山口線では地福~津和野駅間で列車の運転を見合わせ、バスによる代行輸送を行っています。
これまで、山口県、島根県をはじめ、関係自治体の皆様のご協力を賜り、順調に復旧工事を進めてきております。今後、新たな災害などの影響を受けないことが前提ではありますが、山陰線は8月10日(日曜日)の始発列車から運転再開しました。、山口線いずれも以下により運転を再開(予定)しますのでお知らせします。
また、山口線の「やまぐち」号についても、以下のとおり運転を行う計画としています。

詳細

1 山陰線の運転計画
(1)運転再開について
山陰線須佐(すさ)~奈古(なご)駅間(駅間距離19.76キロメートル)
⇒平成26年8月10日(日曜日)の始発列車から運転再開しました。

(2)列車ダイヤについて
運転再開後の運転本数は、災害前と変更はありません。時刻についても、ほぼ同じ時刻で運転します。

(3)代行バスについて
山陰線の代行バスについては、昨年7月の災害から運行しておりますが、列車の運転再開に伴い、8月9日(土曜日)をもちまして運行を終了します。

(4)記念セレモニーについて
今後、地元の皆様と調整してまいります。

2 山口線の運転計画
(1)運転再開について
山口線地福(じふく)~津和野(つわの)駅間(駅間距離19.02キロメートル)
⇒平成26年8月23日(土曜日)の始発列車から運転再開(予定)

(2)列車ダイヤについて
運転再開後の運転本数は、災害前と変更はありません。時刻については、災害前と比べ、スーパおき6号をはじめ、3本の列車について10分から25分程度変更しています。なお、その他の列車については、ほぼ同じ時刻で運転します。

(3)代行バスについて
山口線の代行バスについては、昨年7月の災害から運行しておりますが、列車の運転再開に伴い、8月22日(金曜日)をもちまして運行を終了します。

(4)「やまぐち」号の運転について
当面の間は、DLがけん引する快速列車「やまぐち」号として運転を行い、平成26年8月23日(土曜日)からは、津和野駅まで運転をします。
SLがけん引するSL「やまぐち」号の運転については、詳細が決まり次第、別途お知らせします。
また、地福~津和野駅間で、島根県にご用意いただいた無料バス「津和野散策バス」は、運転再開に合わせて運行を終了します。

(5)「ノンストップつわの」号について
昨年11月16日(土曜日)から、中国ジェイアールバス株式会社により「新山口~津和野駅間ノンストップバス(ノンストップつわの号)」の運行を行っておりましたが、運転再開に合わせて、平成26年8月22日(金曜日)をもちまして運行を終了します。

(6)記念セレモニーについて
今後、地元の皆様と調整してまいります。

※注釈山陰線(須佐~奈古駅間)、山口線(地福~津和野駅間)の運転再開見込みなどの詳細についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 266キロバイト)

3 観光キャンペーンの実施について
山陰線・山口線全線運転再開にあわせて、山口県・島根県と共同で観光キャンペーンを実施します。詳細につきましては、別途お知らせいたします。

4 試運転列車について
山陰線須佐~奈古駅間および山口線地福~津和野駅間においては、運転再開を前に運転士の訓練や設備の機能確認などを目的に試運転列車を運転します。詳細が決まりましたら別途お知らせいたしますが、踏切を通行される場合は、進来する列車に十分ご注意をお願いします。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ