このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年7月 7日列車の運行

北陸を代表する「七尾線観光列車」について

七尾線観光列車
※注釈 北陸を代表する「七尾線観光列車」のイメージムービーについてはこちらをご覧ください。

 北陸新幹線の開業効果の最大化、持続・定着化、および地域全体への効果の波及を図るため、このたびの観光列車は北陸を代表する観光列車にしていきたいと考えています。
 車両の魅力はもちろん、伝統工芸品の車内展示、北陸ならでは食の提供・車内添乗サービス、駅から先のアクセスなどハード・ソフト両面で魅力を高めます。
 また、駅・車内では地元の皆様によるパフォーマンスを実施いただき、旅行者との交流を促進します。
 地域の皆様とともに、この観光列車を息長く育てていきたいと考えています。

 北陸の魅力を伝えるキーワードは「和」と「美」。
 日本古来の技術や町並みが今も生き続ける伝統の「美」、日本の原風景が今なお残る自然の「美観」、その豊かな自然に育まれた「美食」、北陸の暮らしの中に溶け込んでいる温泉の「美容」。

 首都圏・関西圏など都会にはない北陸が持つ魅力「和と美のおもてなし」。
 伝統、自然、食、温泉の魅力に、列車旅の魅力を加え、日本の「和と美」を再発見する旅を提案します。

詳細

1 車体外観
 車体外観
 「和と美」を表現しました。
 北陸の伝統工芸である輪島塗りや加賀友禅をイメージしています。

※注釈 北陸線・七尾線特急の乗車口の統一化に伴い、1号車と2号車の内容が入れ替えとなっております。1号車・2号車(内装)についてはこちらをご覧ください。

2 1号車イメージ
 1号車イメージ

3 1号車レイアウト
 1号車レイアウト
 「和と美」をコンセプトに北陸の伝統文化を表現しています。
 座席は赤と黒を基調とし、車内の装飾には金沢金箔や輪島塗りなどを活用する予定です。
 イベントスペースや大型モニターを設け、車内でパフォーマンスを実施する予定です。
 出入口・トイレはバリアフリー対応となっており、車いすの方もご利用いただけるよう考えています。

4 2号車イメージ
 2号車イメージ

5 2号車レイアウト
 2号車レイアウト
 北陸の温泉文化を表現し、和風個室を設けます。
 おもてなしの空間として列車入口付近のスペースを広く設け、車内販売を行う予定です。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ