このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年4月21日ご報告

大阪環状線 天王寺駅で列車のドアがホームから外れた状態でドアを開いた事象について

 平成26年4月21日、大阪環状線 天王寺駅で列車のドアがホームから外れた状態で、ドアを開いた事象が発生しました。ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
 平成26年4月21日(月曜日) 午前7時50分ごろ

2 発生場所
 大阪環状線 天王寺駅

3 列車名
 内回り普通列車 天王寺駅(7時50分)発 大阪経由 天王寺駅(8時36分)行 8両編成
 乗客数 約1,000名

4 概況
 4月21日午前7時50分ごろ、当該列車の車掌は、天王寺駅発車直後に、ホーム上の係員から「ドアに傘が挟まっている」と申告を受けたため、非常ブレーキをかけて停車しました。その後、停止位置を確認せず、先頭車両の1枚目のドアの半分(約3メートル)がホームから外れた状態でドアを開けました。
 その後、ご乗車のお客様の転落やおけがなどが無いことが確認できたため、午前7時58分に運転再開しました。

 ※注釈 ホームから外れた車両には約60名がご乗車(各車両約120名)いただいていました。
 ※注釈 ドアは1両につき片側に4枚です。

5 列車影響  
 <運休>なし
 <遅れ>当該列車が8分遅れたのを最大に、計11本(内回り6本、外回り5本)に8分から5分の遅れ
 影響人員 約9,000人

6 原因
 当該列車の車掌が停止位置を確認せずにドアを開けたためです。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ