このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年3月18日その他

交通科学博物館での最後の思い出づくり
ご愛顧いただいた皆様にJR西日本社員から感謝をこめて

 「交通科学博物館」が平成26年4月6日に閉館するのに伴い、平成26年1月11日から「交通科学博物館さよなら企画展part2『52年の軌跡展』」を開催しています。これに合わせ、弊社でも大阪環状線エリアの運転士や駅員などが中心となって、ご来館いただいた皆様の交通科学博物館での最後の思い出づくりのため、「ありがとうイベント」を開催します。

詳細

1 開催日時
 平成26年4月1日(火曜日)から6日(日曜日)の6日間 午前10時から午後5時

2 場所
 ・交通科学博物館
 ・弁天町駅

3 イベント名
 「大阪環状線より、52年間の『ありがとう』をこめて」

4 主な内容
 ○展示車両や外観をデザインした「オリジナル フレーム切手」の販売
 ・弁天町駅臨時販売所(南口付近)において、限定5,000枚を1枚 1,000円で販売。(ご購入はお一人様10枚までとさせていただきます)

 ※注釈 発売期間は1日(火曜日)は午後2時から午後4時、2日(水曜日)から6日(日曜日)の間は午前10時から午後4時
 ※注釈 「フレーム切手」は日本郵便株式会社の登録商標です。

 ○運転士による運転シミュレータの運転指導

 ○山陽新幹線公式キャラクター「カンセンジャー」ステージ
 5日(土曜日)・6日(日曜日) 各日とも午後1時30分からと、午後3時から

 ○社員による演奏会
 ・軽音バンド 5日(土曜日) 午前11時からと、午後0時から
 ・JR西日本吹奏楽団 6日(日曜日) 午前11時からと、午後0時から

 ○地元(港区)の小学生から寄せられたメッセージの展示

 ○国鉄時代の記念入場券や乗車券(硬券)を展示 

※注釈 「オリジナル フレーム切手」デザインについてはこちらをご覧ください。(PDF形式 200キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ