このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2014年3月12日安全の取り組みに関する情報

「昇降式ホーム柵」を六甲道駅で試行運用します

 弊社は、ホームの安全性向上においてホーム柵は効果的な対策であるとの認識のもと、「可動式ホーム柵」に加え、扉枚数が異なる車両にも対応できる「昇降式ホーム柵」を開発し、平成25年12月からJRゆめ咲線桜島駅で試行運用し実用性の検証を行ってきました。
 このたび、桜島駅での試行運用の検証結果も踏まえ、次の試行ステップへ進むこととしましたのでお知らせします。

詳細

1 桜島駅での試行運用の検証結果 (平成26年3月まで試行予定)
 基本的機能、乗務員の操作性について、お客様のご利用される状況下での試行運用の結果、おおむね良好な稼働状況が確認されました。次の試行ステップでは、今回の試行で得られた、列車到着場面での乗務員による操作時間の増加などの課題の解決策と、桜島駅で確認ができない編成の異なる列車に対する機能や操作などについての項目を検証します。

 ※注釈 桜島駅の「昇降式ホーム柵」は、平成26年3月末まで試行予定です。

2 六甲道駅での新たな試行運用の概要
 (1)設置箇所
 ・JR神戸線(東海道線)六甲道駅 上り内側線(3番のりば)

 設置イメージ

 (2)試行運用箇所としての主な選定理由
 ・編成の異なる列車が停車すること
 ・到着から発車までが連続すること(折り返し駅ではないこと)
 ・お客様のご利用が比較的多いこと

 (3)スケジュール
 ・平成26年末ごろまでに試行運用開始(予定)

※注釈 桜島駅、六甲道駅についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 225キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ