2013年11月22日その他

500系こだま号の4列シート車両の拡充について

 JR西日本では、ご利用が好調なこだま号について、500系新幹線の一部車両の座席を5列シートから4列シートに改良し、より快適な座席をご提供します。こだま号のご利用については数々のおトクな割引商品もご用意していますので、快適でおトクなこだま号をぜひご利用ください。

詳細

1 こだま号のご利用状況
 山陽新幹線のこだま号は近年ご好評をいただいています。
 5年前の平成20年度と昨年度を比較すると、こだま号のご利用は約1.5倍に、特にこのうち指定席のご利用は約3倍に増えています。 
 平成25年度に入っても引き続きこだま号のご利用は増加しており、10月末の時点で昨年度と比較して111%のご利用(うち指定席は127%)となっています。

2 500系こだま号の4列シート車両の拡充
 現在、山陽新幹線のこだま号は主にN700系(8両)、700系(8両)、500系(8両)により運転をしていますが、以下のとおり車種によって設備が異なります。

N700系・700系・500系 車種による設備の違い
 凡例 「自」 普通車自由席、「指」 普通車指定席、「G」 グリーン車指定席
 ※ ご利用が多い日は指定席に変更する場合があります。

 こだま号の指定席は大変ご好評をいただいていますが、500系新幹線で運転するこだま号は、6号車のみが4列シート車両の指定席となっています。
 そこで、500系こだま号においてもより快適な座席をご提供するため、平成25年10月中旬より4列シート車両を4号から6号車に拡充する改良工事を全8編成について順次進めており、本年12月19日以降は全ての500系こだま号が改良後の編成での運行となる予定です。
 4列シート車両の座席は、700系レールスターの指定席でご好評いただいているシートと同じものを使用しており、座席幅や座面の奥行きが現行より約3センチメートル拡大されることなどにより、ゆったりとお座りいただけます。
 また、座席の改良にあわせて、12月19日より500系こだま号の指定席をN700系(8両)・700系(8両)こだま号と同様に5号車・6号車の2両に拡大します。

 今年度の年末年始期間中は、N700系(8両)・700系(8両)も含めた一部のこだま号の指定席を4号車にも拡大して運転します。こだま号をご利用いただけるおトクな割引商品もございますので、より快適になったこだま号をぜひご利用ください。

こだま号をご利用いただけるおトクな割引商品
 ※注釈 ご利用条件など詳しくは、ご購入前に主な駅に置いてあるパンフレットまたはJRおでかけネットをご覧ください。

 ※注釈 年末年始期間の一部こだま号の指定席を4号車に拡大についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 190キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

プレスリリースを探す

カテゴリを選択 エリアを選択

最新のプレスリリース一覧

  • 定例社長会見動画一覧
  • 掲載内容は、特別に記載のない限り、各プレスリリースに記載された発表日現在のデータです。
  • ニュース掲載後9か月間、掲載します。ただし、募集期間など、一定の期間があるニュースについては、期間経過後に削除しているものがあります。