このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2013年10月11日グループ会社

平成26年春 JR下関駅前にショッピングセンター「リピエ」が誕生します

西日本旅客鉄道株式会社
中国SC開発株式会社

 JR西日本グループでは、下関市が推進する「下関駅にぎわいプロジェクト」の一環で建設中のJR下関駅ビルの1階および2階に、ショッピングセンター「リピエ」をオープンします。
 「ripie(リピエ)」は、「ちょっとオシャレなデイリー&コンビニエンススタイル」をコンセプトに、20歳から30歳代のトレンドに敏感な女性をメインターゲットとした複合ファッションエリアです。このコンセプトにふさわしい名称とロゴタイプをデザインしました。なお、開業日および詳細な内容については、開業前に別途お知らせします。

詳細

1 施設概要
 (1)規模
 地上3階建てのうち、1階および2階部分 店舗面積 約2,500平方メートル

 (2)店舗数
 24店舗

 (3)コンセプト
 「ちょっとオシャレなデイリー&コンビニエンススタイル」

 (4)ターゲット
 トレンドに敏感で手軽にオシャレをしたい20歳から30歳代女性
 可愛らしい小物や雑貨が好きな、マインドの若い30歳から40歳代女性

 (5)展開業種
 レディスファッション、ファッション雑貨、生活雑貨、カフェ、コンビニエンスストアなど

 <周辺位置図、建物パース>
 周辺位置図、建物パース(イメージ)

2 SC名称・ロゴおよびコンセプト
 (1)SC名称・ロゴ
 ・名称 「ripie(リピエ)」 
 ・ロゴ
 ripie(リピエ) ロゴ

 (2)SC名称・ロゴのコンセプト
 <SC名称のコンセプト>
 「下関らしさ×新しさ=どこにもなかった時間」を提案するために、下関の玄関口に誕生する複合ファッションエリア「ripie(リピエ)」。「リピートrepeat(くり返す)」と「ピアpier(船着き場)」の響きから生まれた名前です。下関の皆様が、くり返し通いたくなる海辺の場所をめざします。ripieの「rip(リップ)」には、「早瀬に立つ波」という意味があり、かわいい波を、元気な波を起したいという思いを込めました。さらに、「Rise(上がる)+Pilot(水先案内する)+Energy(元気)」の頭文字を名前に含み、下関の皆様の気持ちを盛り上げる、元気な毎日へご案内する場所になる、といった意思も込めました。また、「リ」の響きには、「Re SHIMONOSEKI」の意味も含み、エキマチ下関の中心として地元の再生をめざします。

 <ロゴデザインコンセプト>
 さざ波をイメージした、チャーミングな曲線のゆるやかな丸みは、女性らしさも感じさせます。2つの「i」で、「ripie(リピエ)」に集まる下関の「人」を表現しました。

 <ロゴカラーコンセプト>
 赤間神宮を連想させる、印象的なShiny Red。高貴な色とされていた、日本の伝統色・唐紅花(からくれない)を用い、特別感を演出します。下関の皆様に、いきいきとした時間を。そんな思いを、鮮やかなカラーで表現します。

3 施設運営会社 概要
 (1)会社名
 中国SC開発株式会社

 (2)代表取締役社長
 久本 和彦

 (3)本社所在地
 広島市南区松原町2番37号

 (4)会社設立
 昭和49年4月1日(中国ステーション開発株式会社)
 平成19年4月1日(中国ステーション開発株式会社と呉ステーション開発株式会社合併、社名変更)
 平成22年4月1日(中国SC開発株式会社と広島ステーションビル株式会社合併)

 (5)資本金
 75百万円

 (6)株主
 西日本旅客鉄道株式会社
 ジェイアール西日本不動産開発株式会社

 (7)主な事業内容
 ショッピングセンターの運営管理

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ