このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2013年9月 8日ご報告

奈良線 電車のEB装置(緊急列車停止装置)が機能しない状態で走行した事象について

 平成25年9月8日、奈良線においてEB装置(緊急列車停止装置)が機能しない状態で電車が走行していたことが判明しました。ご利用のお客様には大変ご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 申告日時
 平成25年9月8日(日曜日)午前5時53分ごろ

2 申告場所
 奈良線 城陽駅構内

3 列車名
 上り普通電車 奈良駅(5時22分)発 京都駅(6時24分)行の4両編成
 乗客数 約80名

4 概況
 9月8日午前5時53分ごろ、当該電車の運転士は、城陽駅到着後、奈良〜平城山駅間、上狛〜棚倉駅間、棚倉〜玉水駅間において、1分間機器を扱っていないにもかかわらず、EB装置のブザー音が鳴動しなかったことを大阪総合指令所に報告しました。
 その後、運転士が京都駅にて車両の確認を行ったところ、反対側運転台のEB装置のブレーカーが「切」となっていました。

 ※注釈 「EB装置」とは、保安装置のひとつで、運転士が運転機器操作を60秒間行わなかった場合にブザーが鳴動し、さらに5秒間何もしなければ自動的に非常ブレーキが作動する装置のことです。
 ※注釈 反対側運転台のEB装置のブレーカーが「切」となっていると、EBが作動しません。

5 列車影響 
 <運休>計2本(上り2本 全て部分運休)
 <遅れ>なし
 影響人員 約200人

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ