このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2013年6月28日ご報告

きのくに線 湯浅駅 広川橋りょう 雨による徐行区間における速度超過について

 平成25年6月26日雨の影響により、きのくに線において、徐行運転(速度規制)を実施していましたが、湯浅駅構内広川橋りょう上を列車が速度を超過して走行したことが判明しました。ご利用のお客様には大変ご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

詳細

1 発生日時
 平成25年6月26日(水曜日)午後2時37分ごろ

2 発生場所
 きのくに線(紀勢線)湯浅駅構内 広川橋りょう

3 列車名
 下り普通電車 御坊駅(14時5分)発和歌山駅(15時7分)行の4両編成
 乗車人員 約60名

4 概況
 6月26日午後2時ごろ、大雨の影響により広川橋りょう下の水位が徐行の規制値に達したため、同橋りょう上を時速30キロメートル以下で徐行運転すべきところ、当該下り普通電車が時速44キロメートルで走行していたことが判明しました。

 ※注釈 お客様のおけがなどはございません。

5 原因
 広川橋りょう下の水位が徐行の規制値に達している旨の連絡を受けた社員が、同橋りょう上がすでに雨規制による徐行運転区間内であると思い込み、関係箇所への徐行の連絡を怠ったためです。

 ※注釈 6月26日は午前10時1分ごろ、湯浅駅設置の雨量計が規制値に達したため、午前10時1分ごろから午後3時24分ごろまで広川ビーチ〜湯浅〜藤並駅間にて時速30キロメートル以下での徐行運転(広川橋りょう上を除く)を行っていました。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ