このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2013年6月27日安全の取り組みに関する情報

山陽・東海道・九州新幹線の全編成への協力医師支援用具の搭載について

西日本旅客鉄道株式会社
東海旅客鉄道株式会社
九州旅客鉄道株式会社

 JR西日本、JR東海、JR九州では、平成25年7月中旬以降順次、山陽・東海道・九州新幹線の全編成に、急病のお客様に応急処置をされる、(車内に居合わせた)医師などにお使いいただく支援用具(4種類)を搭載いたします。
 これにより、万が一車内でお客様が急病になられた際、ご協力いただいた医師などに、適切な対処方法をご判断いただくことにつながり、より安心して新幹線をご利用いただけるようになります。

 ※注釈 現在でも、急病のお客様自身のご希望や、ご協力いただいた医師などのご助言をもとに、救急車手配や最寄り駅への臨時停車などを行っています。

詳細

 協力医師支援用具
 ※注釈 パルスオキシメーターとは、脈拍数と動脈血中酸素飽和度を自動測定するものです。

(参考)
 このほか、山陽・東海道・九州新幹線では、AED(自動体外式除細動器)を新幹線全駅・全編成に設置し、駅や新幹線をご利用になるお客様に迅速に対応できる体制を整えています。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ