このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2013年4月11日ご報告

梅田信号場 踏切の遮断棒が降下しなかった事象について

詳細

1 発生日時
 平成25年4月11日(木曜日)午前4時19分ごろ

2 発生場所
 梅田信号場構内  西梅田一番踏切  
 遮断機:あり
 警報機:あり
 遮断棒は片側4本の計8本(車道用4本・歩道用4本)
 ※注釈 梅田信号場とは新大阪〜西九条駅間にある、ホームの無い停車場の一つで、列車の留置や行き違いなどに使用する箇所です。(旧梅田貨物駅に隣接)

3 列車名
 レール輸送工事用臨時列車 2両編成(機関車を除く)
 吹田総合車両所(京都支所)(0時18分)発 天王寺駅(4時36分)行
 ※注釈 吹田総合車両所(京都支所)は、車両の検査・修繕を担当する部署です。
 ※注釈 梅田信号場において、レールを降ろす作業をしていました。

4 概況
 4月11日午前4時19分ごろ、大阪総合指令所の指令員は、監視モニターで、当該踏切の故障を知らせる表示を認めました。調査したところ、踏切の遮断棒が降りていない状態で、当該工事列車が通過したことが判明しました。
 一方、当該工事列車の運転士は、踏切を通行する自転車を約100メートル手前で認め、汽笛を鳴らしたが、すでに横断し終わっていたため、そのまま運転を継続しました。
 ※注釈 踏切付近を通行する方との接触はありませんでした。
 ※注釈 当該踏切は、交通信号機が赤となった後に遮断する仕組みです。

5 原因
 当該箇所における極めて頻度の低い工事用臨時列車の運転条件を、踏切の遮断条件に完全には組み込めていなかったため、列車の通過と踏切の遮断との間に時間差が生じたと推定されます。
 ※注釈 4月6日に遮断条件を変更する工事を行っています。

6 対策   
 踏切の遮断条件の見直しを行います。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ