このページの本文へ移動

ニュースリリース

2013年2月18日
ご報告

山陽新幹線 新神戸駅 目地材が落下した事象について

詳細

1 発生日時
 平成25年2月17日(日曜日)午後10時10分ごろ

2 発生場所
 山陽新幹線 新神戸駅構内

3 概況
 2月17日、高架下駐車場ご利用のお客様が、落下物を発見され、当社お客様センターに連絡がありました。
 2月18日調査したところ、地上から約4メートルの高架から目地材が剥落していることを確認しました。
 ※注釈 構造物に影響はないため、列車は通常運行しています。
 ※注釈 当該箇所は駐車場で、一般の方のご利用もありますが、おけがをされた方はおりません。

4 落下物
 目地材 最大 縦38センチメートル、横15センチメートル、厚さ2センチメートル 1.5キログラム 他4片
 総重量 3.8キログラム
 ※注釈 目地材とは、構造物の隙間を充填する材料のことです。材質はアスファルトに繊維を混ぜたものです。

5 現場略図
現場略図

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択