このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2013年2月14日ご報告

山陽新幹線 広島〜新岩国駅間 モルタル片が落下した事象について

詳細

1 発生日時
 平成25年2月14日(木曜日)午前4時58分ごろ

2 発生場所
 山陽新幹線 広島〜新岩国駅間 大竹トンネル内

3 概況
 2月14日午前4時58分ごろ、線路確認中の関連会社社員が、山陽新幹線 広島〜新岩国駅間の大竹トンネル内でモルタル片を拾得しました。
 調査したところ、地上から約3メートルの位置からモルタル片が剥落していることを確認しました。

4 拾得物 
 モルタル片 最大 縦48センチメートル、横18センチメートル、厚さ6センチメートル 5.4キログラム
 地上からの高さ 約3メートル

5 影響
 拾得した位置は列車運行に影響のない位置で、構造物にも影響がないため、列車は通常運行しています。

6 概況図
概況図

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ