このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2013年2月13日その他

山口県厚狭地区の当社所有地において太陽光発電事業に参入します

 JR西日本グループは、環境負荷を低減しつつ電力の安定供給に貢献できることに加え、当社資産を有効活用できることから、当社が所有する山口県厚狭地区の大規模遊休地において、メガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設し、太陽光発電事業を行います。

詳細

1 事業概要
 (1)実施場所
 山口県山陽小野田市および宇部市 (山陽新幹線 厚狭〜新山口駅間)
 (2)面積
 約90,000平方メートル
 (3)発電規模
 5,000キロワット(5メガワット)
 (4)発電電力量
 1年あたり約510万キロワットアワー(一般家庭 約1,020世帯相当分)
 (5)CO2排出削減量
 1年あたり約3,710トン
 (6)事業形態
 当社がメガソーラーを建設し、当社のグループ会社が運営を行います。

2 今後のスケジュール
 平成25年夏ごろから工事に着工し、平成26年度冬ごろの稼動を目指します。
位置図とイメージ図

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ