このページの本文へ移動

ニュースリリース

2013年2月 7日
ご報告

山陽新幹線 岡山駅 高架橋のコンクリート片が落下した事象について

詳細

1 発生日時
 平成25年2月7日(木曜日)午前0時5分ごろ

2 発生場所
 山陽新幹線 岡山駅構内 第2高柳高架橋

3 概況
 2月7日午前0時5分ごろ、関連会社の社員が、山陽新幹線岡山駅構内(新幹線ホーム西端より博多方へ約1キロ付近)の高架下でコンクリート片を拾得しました。
 調査したところ、高架橋からコンクリート片が剥落していることを確認しました。
 ※注釈 周辺は当社施設内であり、一般の方が立入ることが出来ませんので、おけがをされた方はおりません。
 ※注釈 構造物に影響はないので、列車は通常運行しています。

4 落下物
 コンクリート片 最大 縦26センチメートル、横10センチメートル、厚さ5センチメートル、2.2キログラム他7片
 総重量 8.65キログラム
 地上からの高さ 約11メートル

5 原因
 鉄筋の腐食膨張により鉄筋表面のかぶりコンクリートが剥落したものと推定しています。

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択