このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2013年1月 8日列車の運行

221系近郊形電車のリニューアルについて

 221系近郊形電車は、JR西日本発足(昭和62年)後、弊社のイメージの一翼を担う車両として新製した車両です。平成元年のデビュー以降、平成4年までに474両を投入し、主にJR京都線・神戸線、関西線などで新快速・快速として活躍してきました。
 この度、新製から25年が経過しましたが、今後の社会的ニーズの変化に対応するため、さらなる安全性向上およびサービス向上を目指したリニューアルを行います。

詳細

1 リニューアル予定車両数
 221系近郊形電車 全474両

221系近郊形電車

2 主なリニューアルの概要
 (1)客室内の安全性向上
 ・吊り手、握り棒をとっさの際につかまりやすい色・大きさに変更(225系と同様のタイプ)

 (2)バリアフリー対応
 ・トイレを車いす対応に大型化改良
 ・車いすスペースを新設
 ・出入り口上部に、次駅案内表示器(電光式)を新設
 ・ドア開閉の注意を促すため、ドア開閉チャイムを新設

 (3)その他
 ・乗降をスムーズにするため、出入り口付近の座席を補助席付座席に変更

 ※注釈 リニューアルの詳細についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 113キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ