2012年12月21日その他

東海道・山陽新幹線車両 N700Aの投入およびN700系改造について

 当社では、JR東海が投入するN700A(N700系4000番代、「A」はAdvancedの略)を下記のとおり製作、投入します。また、山陽新幹線のさらなる安全安定輸送を実現するため、現在運行しているN700系に対し、N700Aに採用する機能の一部を反映する改造を行います。

詳細

1 N700A投入
 (1)N700Aの特徴
 ・中央締結ブレーキディスクの搭載
 安定した、より強いブレーキ力を実現
 ・台車振動検知システムの搭載
 さらなる信頼性向上のため、全台車の状態を常時監視
 ・定速走行装置の搭載(東海道区間のみ使用)
 ATC信号に沿った、より安定した運転を実現

 ※注釈 N700Aの特徴の詳細についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 191キロバイト)

(2)投入計画
 平成25年12月ごろに1編成投入

2 N700系改造
 (1)主な改造内容
 ・中央締結ブレーキディスクの搭載
 ・定速走行装置の搭載(東海道区間のみ使用)

 (2)改造計画
 平成25年度から平成27年度にかけて、N700系(計16編成)に対し、博多総合車両所で改造

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

プレスリリースを探す

カテゴリを選択 エリアを選択

最新のプレスリリース一覧

  • 定例社長会見動画一覧
  • 掲載内容は、特別に記載のない限り、各プレスリリースに記載された発表日現在のデータです。
  • ニュース掲載後9か月間、掲載します。ただし、募集期間など、一定の期間があるニュースについては、期間経過後に削除しているものがあります。