このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2012年12月21日列車の運行

「東京〜新岩国駅間」で携帯電話がつながりやすくなります
山陽新幹線における携帯電話通信サービスの対策延伸について

 現在、山陽新幹線のトンネル内などは携帯電話がつながりにくい区間があり、お客様にはご不便をおかけしております。そこで平成22年度に見直しました弊社中期経営計画において「山陽新幹線区間の情報サービスの拡充」を目指し、各通信事業者様とともに携帯電話の不感地帯の解消に取り組んでおり、去る6月26日には福山〜三原駅間のサービスを開始し、現在は三原〜広島駅間の対策に取り組んでいます。
 この度、広島駅〜第2玖珂トンネル間でトンネル内不感地帯の解消に向けた対策を実施することが決定いたしました。
 この対策により、東海道・山陽新幹線では東京〜新岩国駅間のトンネル内で携帯電話がつながるようになります。

詳細

1 新たな対策実施区間

 広島駅〜第2玖珂トンネル間 平成25年度(2013年度)内までにサービス開始予定

 【ご参考:関係駅などの所在地】
 広島駅:広島県広島市南区松原町 新岩国駅:山口県岩国市御庄1055番地1
 第2玖珂トンネル:山口県岩国市玖珂町

2 サービス提供事業者
 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
 KDDI株式会社
 ソフトバンクモバイル株式会社

3 工事概要
 トンネルなどの人工的な構築物により電波が遮へいされ、携帯電話などが使用できない地域において、移動通信用中継施設などを設置して携帯電話などを利用可能にするなど、電波の適正な利用を確保することを目的として、実施されている電波遮へい対策事業に基づく補助金によって工事が行われております。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ