このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2012年12月 5日ご報告

伯備線 美袋〜備中広瀬駅間の土留壁上部のコンクリートの一部が落下した事象について

詳細

1 発生日時
 平成24年12月5日(水曜日)10時47分ごろ

2 発生場所
 伯備線 美袋駅〜備中広瀬駅間

3 概況
 12月5日午前10時47分ごろ、道路管理者より国道180号線の道路脇にコンクリート片が落ちている旨の連絡がありました。
 現地を確認したところ、道路と土留壁境界部に3つのコンクリート片がありました。付近の構造物を調査したところ、土留壁上部のコンクリートが一部剥がれているのを認めました。

 ※注釈 これによるご通行の方のおけがや通行車両の損傷はありません。

 ○落下物の大きさ
 (1)15センチメートル、9センチメートル、4センチメートル(550グラム)
 (2)9センチメートル、7センチメートル、3センチメートル(200グラム)
 (3)6センチメートル、4センチメートル、2センチメートル(100グラム)

4 落下原因
 鉄筋腐食膨張によるものと推定されます。

 ※注釈 断面略図など詳しくはこちらをご覧ください。(PDF形式 215キロバイト)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ