このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2012年11月30日ご報告

鳳駅 保守作業中の取り扱い誤りによる列車の遅れについて

詳細

1 発生日時
 平成24年11月30日(金曜日)午前4時39分ごろ
 ※注釈 始発電車の発車時刻

2 発生場所
 阪和線 鳳駅構内

3 列車名
 上り普通電車 編成両数:6両 乗客数:約300人
 鳳駅(4時39分)発 天王寺駅(5時7分)行
 ※注釈 阪和線の始発電車

4 概況
 11月30日午前4時39分ごろ、鳳駅構内で実施した保守作業が延びたため、始発電車の運転を見合わせていましたが、午前5時29分に運転を再開しました。
 ※注釈 午前5時20分より、南海、近鉄、大阪市営地下鉄、泉北高速鉄道による振替輸送を実施していましたが、午前7時に終了しました。

5 列車影響
 <運休> 計6本(上下各3本 部分運休含む)
 <遅れ> 当該電車が49分遅れたのを最大に、計7本(上り4本、下り3本)が49分から6分の遅れ。
 影響人員:約2,000人

6 原因
 鳳駅係員が、作業終了時に行う駅の信号の機能確認前に、誤って所定の始発電車の進路を構成し、待機していた始発電車を隣接する留置用の線路からホーム手前まで移動させました。このため、信号の機能確認ができなくなり、確認ができる位置まで電車を移動させ、機能確認を行いました。
 ※注釈 保守作業:運行管理システムの改修作業
 (午前4時27分終了予定のところ、午前5時16分に終了49分延長)

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ