このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2012年7月19日ご報告

山陽新幹線 広島駅 補修モルタル片が剥落した事象について

詳細

1 発生日時
 平成24年7月19日(木曜日)午後4時頃

2 発生場所
 山陽新幹線 広島駅構内(スポーツジム内)
        
3 概況
 7月19日、午後4時頃、広島駅構内にあるスポーツジムの天井に新幹線の補修モルタル片が剥落し、衝撃により天井材の一部(石膏ボード)が落下しました。トレーニングをされていた方に天井材が当たりましたが、おけがはございません。
 なお、補修モルタル片は天井内にとどまり、天井から下部への落下はございませんでした。

4 落下物
天井材
 縦42センチメートル×横23センチメートル×厚さ0.9センチメートル 560グラム
 縦31センチメートル×横19センチメートル×厚さ0.9センチメートル 295グラム 計2片

補修モルタル片 3片
 縦55センチメートル×横58センチメートル×厚さ3.5センチメートル 11.4キログラム
 縦36センチメートル×横47センチメートル×厚さ3.0センチメートル 6.1キログラム
 縦62センチメートル×横55センチメートル×厚さ3.0センチメートル 10.6キログラム

 (3片合わせると 縦138センチメートル×横58センチメートル×厚さ3.5センチメートル 28.1キログラム)
    
 剥落箇所から天井までの高さ 約2.5メートル
 床から天井までのまでの高さ 約3.0メートル

5 影響
 列車運行への影響はありません。
 お客様などには、おけがはありません。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ