このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2012年5月23日グループ会社

大阪駅「ギャレ大阪」跡地の開発について

 平成23年3月31日に閉館した「ギャレ大阪」の跡地利用をこれまで検討してまいりましたが、新たな駅構内商業施設として開業することを決定いたしましたのでお知らせいたします。
 新商業施設は「エキマルシェ大阪」という名称で、日常的に駅をご利用いただくお客様に対して、「安心・便利」とともに「楽しさ」や「発見」を提供するデイリーニーズの一番店を目指してまいります。当社エリアにおける最大規模の駅構内商業施設となり、昨年度開業したノースゲートビルディング・サウスゲートビルディングの各商業施設などとの相乗効果を発揮し、大阪ステーションシティの魅力をさらに高めてまいります。

詳細

1 施設名称およびブランドマーク
 ・エキマルシェ大阪
 EKI MARCHE OSAKAのロゴマーク

  『エキ』において、さまざまな商品やサービスを、活気や賑わい感のある『マルシェ(市場)』のような施設で提供するイメージを表現しています。当ブランドは宝塚駅で展開していますが、今回、大阪駅で規模を拡大し本格展開いたします。

2 施設概要
 ・運営会社
   株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット
   株式会社ジェイアール西日本クリエイト
 ・延床面積
   約7,200平方メートル
 ・店舗面積
   約4,500平方メートル
 ・開業時期
   平成24年10月下旬(予定)
 ・店舗数
   約80店舗
 ・営業時間
   10時から22時(予定 一部店舗は異なります。)

■施設位置図
施設位置図

3 店舗概要
 ○上質で洗練された居心地の良い商空間に、旬で個性的な約80の店舗を集積。日常的に駅をご利用されるお客様が普段使いとして気軽に立ち寄れ、「オン」と「オフ」の気持ちの切り替えができる店づくりを目指します。
 また、より便利にご利用いただけるよう、施設に直結する改札口(10時から22時 予定)も新たに設置します。

 ・惣菜、スイーツ、ベーカリー、高品質スーパーなど、多彩な商品構成で「選ぶ楽しさ」を提供するグルメゾーン(約1,600平方メートル)
 ・お一人からグループまで、朝から深夜まで、多様なご利用シーンに対応できるバラエティ溢れるカジュアルグルメやカフェなどの飲食ゾーン(約1,000平方メートル)
 ・利用するたびに新たな発見ができる「美的」で少し「知的」な日常生活を提案するコスメ・雑貨ゾーン(約700平方メートル)
 ・カジュアルで旬の商品を提供する衣料品と雑貨の店舗を集積した便利で使いやすいファッションゾーン【「ALBi」ブランドで展開】
(約1,200平方メートル)

■施設イメージ
施設イメージ

4 その他
  8月下旬頃にグループ会社から、詳細な店舗概要や開業日などをお知らせする予定です。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ