このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2012年4月 4日ご報告

山陽線 幡生駅 電線保護管の落下した事象について

詳細

1 発生日時
 平成24年4月4日(水曜日)午前8時20分頃

2 発生場所
 山陽線 幡生駅構内

3 概況
 4月4日午前8時20分頃、グループ会社社員から、幡生駅上りホーム上に電線を保護する鉄製のL型パイプが落下していたのを発見したとの連絡を受けました。
 現地を調査したところ、ホーム上屋にL型パイプが取り付けられていた跡が確認できましたが、当該電線およびL型パイプは現在使用している設備ではありませんでした。
 また、お客様のお怪我などはありませんでした。

4 落下物
 L型パイプ
  縦60センチメートル、横130センチメートル、直径2センチメートル(重さ約1.8キログラム)
 ホーム上屋からホーム床面までの高さ
  約300センチメートル

5 原因
 L型パイプを留める金具が腐食し、風の影響により落下したものと思われます。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ