このページの本文へ移動

ニュースリリース

2012年4月 4日
ご報告

山陽線 広島駅 プラスチック製パネルが落下した事象について

詳細

1 発生日時
 平成24年4月4日(水曜日)午前7時30分頃

2 発生場所
 山陽線 広島駅構内

3 概況
 本日、午前7時30分頃、広島駅2階の新幹線コンコース内の、下りホーム博多方のエスカレータ付近の横の壁に取り付けてあるプラスチック製三角形パネルが落下していると、お客様から広島駅社員に申告がありました。
 現地調査したところ、エスカレータ上部に設置されているエスカレータと壁面の隙間を塞ぐためのパネルが落下していることを確認しました。
 なお、お客様のお怪我などはありませんでした。

4 落下物
 パネル
  16センチメートル、75センチメートル、厚さ0.5センチメートル(重さ約400グラム)
  他破片6個(重さ計約160グラム)
 コンコース床面から落下物までの高さ
  5メートル

5 原因
 何らかの外力が作用したためと思われます。

ニュースリリース一覧に戻る

以下のカテゴリから検索できます

以下の詳細カテゴリからも検索できます(2017年度以降のニュースリリース対象)

エリアを選択

年度・月を選択