このページの本文へ移動
検索エリアを閉じる

ニュースリリース

2012年3月 6日ご報告

JR宝塚線(福知山線) 架道橋から木材が落下した事象について

詳細

1 受報日時
 平成24年3月6日(火曜日) 午後2時45分頃

2 場所
 JR宝塚線(福知山線)尼崎〜塚口駅間
 <架道橋>恵曽江(えぞえ)架道橋
     
3 概況
 3月6日午後2時45分頃、大阪土木技術センターの係員は当該架道橋の近くを通った当社グループ会社社員から「架道橋から道路に木材が落下している」と連絡を受けました。
 このため、現地に係員を派遣し、午後3時15分に道路上に落下していた木材を撤去しました。
 ※注釈 通行車両などにはあたっていません。
 ※注釈 架道橋の高さは約4.9メートル、道路幅は約18メートル

4 落下物    
 材質:木材(型枠)
 大きさ:縦60センチメートル、横170センチメートル (最大縦30センチメートル、横170センチメートル)
 重さ:総重量7.7キログラム(11個に砕けていました)
        
5 原因  
 木材の型枠が腐食し落下したものと考えられます。

ローカルナビゲーションをとばしてフッターへ

ニュースリリース検索

定例社長会見動画一覧

定例社長会見を映像でご覧いただけます。

ここからがフッターです。

サイトマップを開く

このページの先頭へ